学部・大学院

HOME > 学部・大学院 > 学部 : 学部一覧 > 中等教育教員養成課程 美術専攻

中等教育教員養成課程 美術専攻

幅広い知識と表現力と教育力を身に付ける

中等教育教員養成課程
美術専攻

<募集人員> 5名

<主な学修領域>

  • 絵画
  • 彫刻
  • デザイン
  • 工芸
  • 美術史
  • 美術科教育学

学びのポイント

制作や構想,鑑賞の知識や経験を深め,美術を通した人間形成に優れた人材を育成します。

美術専攻では,美術に関する幅広い知識を持った中学校教員を目指します。

主な学修領域

絵画

「表現」は,きちんと相手に伝わることが重要。自己満足で終わらないように本学の絵画教育では,いろいろな「モノの見方」と「描き方」が理解できるような基礎固めを重視しています。

彫刻

道具の使い方にはじまり,基礎的な立体表現,材料の特性や人体表現の探究と,段階的に彫刻について学びます。学生の意向によって,さまざまな材料による表現方法をフォローしていきます。

デザイン

本学のデザイン教育では,問題解決のプロセスである市場観察力・課題発見力・企画力・編集力の鍛錬から,社会への提唱物をプレゼンテーションする能力を養います。

工芸

立体造形に関する幅広い内容を含んでいます。授業では,木工芸・紙工芸・窯工芸(陶芸)などの内容を中心に展開。4年次の卒業研究では,各自が内容を決めて探究します。

美術史

誰かが「何か」を伝えようとして遺した作品を読み取る学問です。対象は,高松塚古墳の壁画から,キャラメルのパッケージまで,目で見られるために作られたすべての「作品」です。

美術科教育学

小学校「図画工作科」・中学校「美術科」の実践研究を中心に,美術教育の理念や,教科書,外国の事例,メディア教育など多様な視点から,美術教育の課題を探究しています。

取得できる免許

主免 中学校教諭1種免許状(美術)
副免 小学校教諭1種免許状
高等学校教諭1種免許状(美術)
  • 主免 : 卒業と同時に取得できる免許
  • 副免 : 所定科目の単位修得により取得できる免許

将来のフィールド

正規の小・中学校教員のほか,臨時教員を経た後,また大学院を修了してから教員になる人も増えています。