学部・大学院

HOME > 学部・大学院 > 学部 : 学部一覧(平成28年度入学者まで) > 中等教育教員養成課程 美術専攻

中等教育教員養成課程 美術専攻

制作や構想,鑑賞の知識を深め,美術を教え育む能力に優れた人材を育成します

中等教育教員養成課程/美術専攻

〈主な学修領域〉

  • 絵画
  • 彫刻
  • デザイン
  • 工芸
  • 美術史
  • 美術科教育学

募集人員/6名

学びのポイント

美術を才能やセンスの世界と思い込んでいる人はいませんか?美術専攻だからといって,特別な才能を最初から求めているわけではありません。あなたの「美術」に関しての興味の萌芽こそ,大学教育での美術にかかわる専門や美術教育を通して大切に育てていきたいと私たち教員は考えています。

美術専攻では,下記の領域に関する専攻科目を学びます。低学年次は,すべての領域を学びますが,卒業研究では,下記の中のいずれかを選択し,自己の集大成として進めます。教養と造形力の鍛錬,そして教育マネージメント能力の育成により,美術専攻では幅広い知識を有する中学校教員の養成を目指しています。

絵画

表現というものは,どんな分野であっても中身がきちんと相手に伝わることが重要だと考えます。自己満足的な表現を進めるなら学校は必要ありません。本学の絵画教育では,いろいろな「モノの見方」と「描き方」が理解できるような基礎固めを重視しています。

彫刻

低学年次は,道具の使い方にはじまり,粘土によるレリーフなど基礎的な立体表現を学びます。学年が上がるごとに,材料の特性や人体表現の探究を進めていきます。理論面ではパブリックアートや野外彫刻を選ぶ学生には,さまざまな材料による表現方法をフォローしていきます。

デザイン

デザインとは,生活それぞれの場面での問題解決のマネージメント,と考えてみてください。その問題解決はFeelingでなくThinkingを基底とします。本学のデザイン教育では,そのプロセスである市場観察力・課題発見力・企画力・編集力の鍛錬を行い,社会への提唱物をプレゼンテーションする能力を養います。

工芸

工芸領域は,立体造形に関する幅広い内容を含んでいます。授業では,木工芸・紙工芸・窯工芸(陶芸)・染織などの内容を中心に展開しています。4年次の卒業研究では,各自が内容を決めて研究を行います(過去の例として,玩具・家具・照明・服飾など)。

美術史

美術史は視覚イメージの歴史を考える学問,単に作品の歴史年表を作る学問ではありません。誰かが「何か」を伝えようとして遺した作品から,その「何か」をつかみ取る,そんな学問です。対象は,高松塚古墳の壁画から,キャラメルのパッケージまで,目で見られるために作られたすべての「作品」です。

美術科教育学

美術科教育に関する内容や課題について理論的かつ実践的な研究を行います。小学校「図画工作科」・中学校「美術科」に関することを中心に,美術教育の理念や歴史,教科書,外国の事例,メディア教育,美術館でのワークショップなど多様な視点から,美術教育の課題を探究しています。

取得できる免許

  • 主免 : 卒業と同時に取得できる免許
  • 副免 : 所定科目の単位修得により取得できる免許
主免 中学校教諭1種免許状(美術)
副免 小学校教諭1種免許状
高等学校教諭1種免許状(美術)

将来のフィールド

正規の小・中学校の教員のほか,講師を経た後,また大学院を修了してから教員になる人も増えてきました。