学部・大学院

HOME > 学部・大学院 > 学部 : 学部一覧(平成28年度入学者まで) > 養護教諭養成課程

養護教諭養成課程

ヘルスプロモーションの理念に基づき,子どもの発育・発達を支援できる人材を育てます

養護教諭として必要な医学,看護学,精神保健学など学校保健の全般にわたる学修

〈主な学修領域〉

  • 学校保健に関する科目
  • 養護の実践に関する科目
  • 健康相談活動に関する科目
  • 看護・救急処置に関する科目
  • 医科学に関する科目

募集人員/40名

学びのポイント

学校の中の保健管理と保健教育を担当するのが養護教諭です。皆さんには「保健の先生」や「保健室の先生」の方が分かりやすいでしょうか。子どもの発育・発達や「こころとからだ」の健康問題への関心が高まっており,教育現場では健康の専門家である養護教諭への期待がこれまで以上に大きくなっています。

学校教育の現場で保健管理と保健教育を担当する教員になるためには,数多くの専門知識を学ぶ必要があります。主な専攻科目を下記に解説します。

学校保健

学校生活が楽しく健康に送れるように,また生涯にわたって健康に過ごせるように,学校では保健管理・保健教育に関するさまざまな活動を行っています。これには教職員や児童生徒,保護者の一人ひとりが主体的に,積極的にかかわっていくことが大切なポイントになります。保健学習,保健指導,健康観察や健康診断などの活動をどのように行うのかを具体的に学びます。

養護概説

養護教諭には1.子どもや学校の健康状態の把握 2.個人への保健指導 3.集団への保健指導 4.健康に関する授業の実施 5.家庭・地域も含めた健康づくり活動 6.ケガ等の手当て 7.心身両面の健康問題の解決 8.健康診断の実施 9.学校内外の衛生状態の把握 10.他教師の保健活動への協力 11.感染症等の予防 12.保健室の整備などの多様な役割があり,養護概説は,その役割や専門性の基本について学び,養護活動実習へと発展させていく科目です。

健康相談活動

養護教諭の行う健康相談活動は,子どものさまざまな訴えに対して,心的な要因や背景を考えながら「こころとからだの両面」に対応するものです。そこで,心身の健康観察,ヘルスアセスメント,カウンセリング的な対応,関係者との連携等が適切に行える技能の体得を目指して,学校でよく見られる事例を基に,保健室の特性や養護教諭の専門性を生かした対応の仕方を実習を通して学びます。

救急処置

二つの柱で救急処置を学びます。一つは,大ケガや重病で放置すれば生命にかかわる場合に医師などに引き渡すまでの間に行う救命・蘇生技術です。もう一つは,日常ありふれたケガや病気について,重症か軽症か判断する技術です。判断に基づき,ケガや病気の子どもに対して応急手当てを行い病院へ移送したり,帰宅させたりします。これらを修得するために,講義で理論を学び,シミュレータで実技を行います。

取得できる免許

  • 主免 : 卒業と同時に取得できる免許
  • 副免 : 所定科目の単位修得により取得できる免許
主免 養護教諭1種免許状
副免 中学校教諭1種免許状(保健)
高等学校教諭1種免許状(保健)

将来のフィールド

多くの卒業生が養護教諭として就職しています。大学院に進学し,さらに勉学に励む人もいます。人数は少ないですが,健康関連の企業や研究機関に就職する人もいます。