入試情報

HOME > 入試情報 > 入学試験 : 学部 > アドミッション・ポリシー(入学者受入方針)

アドミッション・ポリシー(入学者受入方針)

本学のアドミッション・ポリシー

本学では、平和で豊かな世界の実現に寄与し、幅広く深い教養、人間性及び総合的な判断力を身につけた教員・社会人を育成する責務を負っています。とりわけ今日、教員あるいは社会でリーダーシップをとれる市民の育成にあたっては、基礎的な学力とモラルはもちろんですが、教育や職務への使命感・責任感、人間や社会への理解と愛情、自ら研鑽に努める姿勢が重視されます。このような認識を基底にして、教員養成課程では、子どもを深く理解し、専門的知識や技能と実践的な指導力を併せ持った教員の育成をめざしています。また、現代学芸課程では、専門基礎教育を重視し、文化の創造・発展に貢献し、幅広く社会で活躍できる人材の育成をめざしています。

入学を望む学生像

  • 人間としての基本的モラルを身につけている人
  • 教育についての関心を持ち、教職への強い使命感・志を持つ人
  • 子どもや教育実践の場と積極的に触れ合い、教職への理解を深めようとする人
  • 社会の変化に関心を持ち、自分の問題として考えることのできる人
  • 専門的知識や技術を身につけるため自ら進んで学ぼうとする人
  • 職務に対する使命感を持って研鑽に努めることができる人
  • 創造的な活動や考えを展開できる人

高等学校において学習しておくべき教科・科目等

 本学では,教員や社会人の育成にあたり幅広い教養と基礎学力等を身につけていることを求めております。このため,本学に入学するまでに高等学校において学習しておくべき教科・科目等につきましては,特定の教科に偏らず,すべての教科において基礎的な学習をしておくことが望まれます。具体的には次のとおりです。

  • 国語:現代文,古典における基礎的な知識と理解
  • 社会(地理歴史・公民):世界史,日本史,地理,現代社会,倫理,政治・経済における知識と理解
  • 数学:数I,数A,数II,数B,数学III,数学Cにおける基礎的な知識と理解
  • 理科:物理,化学,生物,地学の各分野における基礎的な知識と理解
  • 外国語:外国の文化や思想を学ぶ上で基礎となる,全般的な英語力,また,相手の言うことを正確に理解し,自分の言いたいことを適切に表現するための,基礎的な英語運用能力
  • 情報:情報化社会に対応するため,情報処理における基礎的な知識と技能
  • 家庭:家庭生活に対応するための知識・理解・技能
  • 音楽:音楽の基礎的な知識および読譜力
  • 美術:創造力の基となる美術に関する基礎的な知識・理解と造形表現力
  • 保健体育:保健および体育並びにスポーツに関する知識・理解と運動技能

 なお,高等学校での教科にはありませんが,技術の教科については,技術科教育を受けるために必要な基礎的な知識と技能を身に付けていることも望まれます。