国立大学法人 愛知教育大学 大学案内2018
32/80

人間や社会とつながる「音楽」を見つめる豊かな感性を育む音楽選修/音楽専攻私はピアノの実技や音楽科教育の授業を担当していますが、学びの魅力は正解が一つではないところです。そのため、教師と学生という立場ではありますが、学生たちの新鮮な発見や受け止め方は私自身の刺激にもなっており、お互いに音楽を深め合える関係となっています。私が目指すのは、子どもたちや仲間とともに協力しながら、誇りをもって仕事を全うする教師の育成です。愛知教育大学の強みは絆の強さ。仲間同士、先輩後輩、また教師と学生がともに切磋琢磨しパワーを出せる場所です。大学での学びを通して、自分が進むべき道、進みたいと思う道を見出し、一歩ずつ自分の足で歩いていく力を身に付けてもらえればと思います。音楽に触れる機会を積極的に設け、子どもたちに音楽の楽しさを伝えたい。5歳のときからピアノを習っており、将来は音楽にかかわる仕事がしたいと思っていたところ、愛知教育大学に音楽を学べる学科があると知って入学を決めました。大学では専門的な音楽の知識はもちろん、小学校で教えるために音楽以外の教科のことも学んでいます。先生は個性豊かでどの授業も面白く、ピアノや声楽の授業だけでなく作曲や指揮法の授業もあります。自作の曲をみんなの前で演奏したり合唱の指揮を振るなど、初めて経験する学びもありました。また今までピアノしか習っていなかったのですが、管打楽器の授業でフルートを演奏する機会にも恵まれるなど、自分が習っていないことや未経験の分野に挑戦することで、より音楽の幅が広がったと思います。教師になったら子どもたちが音楽に触れる機会をより多く与え、音楽を身近なものに感じられる授業をしたいと思います。また、どんな時も子どもたちと向き合い、信頼されるような教師を目指します。中等教育教員養成課程 音楽専攻 4年音楽を通じた仲間や先生との絆を大切に、自分の進むべき道を見つけてほしい。担当科目 / ピアノⅠ・Ⅱ、ピアノ実習Ⅰ、音楽科教育C1、音楽科教育A、教職実践演習  専門・研究分野 / ピアノ教育、音楽教育史國府 華子准教授初等教育教員養成課程25名中等教育教員養成課程5名32

元のページ  ../index.html#32

このブックを見る