国立大学法人 愛知教育大学 大学案内2018
72/80

経済サポート入学料の免除は、次のいずれかの特別の事情により入学料の納入が著しく困難であると認められる場合に申請の対象となります。(1)入学前1年以内に学資を主として負担している者が、    死亡または風水害等の災害を受けた場合(2)生活保護法による被保護世帯の場合(3)学資を主として負担している者が、身体障害者の場合(4)学資を主として負担している者が、6か月以上の  療養者の場合(5)学資を主として負担している者が、入学前1年以内に    倒産または失職した場合(6)大規模な災害により、災害救助法適用地域において   被災し、一定の条件に該当した場合審査および選考は家計を対象に行い、免除の額は全額または半額または一部です。入学料の徴収猶予は、経済的に入学料の納入が困難であり、学業優秀であると認められる場合に申請の対象となります。審査および選考は家計を対象に行い、猶予期間は最長として9月末日までです。■ 入学料の免除および徴収猶予授業料の免除は、経済的理由によって授業料の納入が困難であり、かつ、学業優秀と認められる場合または次のいずれかの特別の事情により授業料の納入が著しく困難であると認められる場合に申請の対象となります。(1)入学前1年以内に学資を主として負担している者が、    死亡または風水害等の災害を受けた場合(2)生活保護法による被保護世帯の場合(3)学資を主として負担している者が、身体障害者の場合(4)学資を主として負担している者が、6か月以上の  療養者の場合(5)学資を主として負担している者が、入学前1年以内に    倒産または失職した場合(6)大規模な災害により、災害救助法適用地域において   被災し、一定の条件に該当した場合審査および選考は家計および学力を対象に行います。ただし、上記特別の事情(1)または(5)に該当する場合は、学力は問いません。免除の額は全額または半額または一部です。入学後は、授業期(半期)ごとに審査選考を受けることになります。■ 授業料の免除生活サポート Life Support健やかに学ぶ環境を整えています愛知教育大学では、福利厚生から奨学制度まで、さまざまな仕組みで学生生活をサポート。経済面、安全面、生活面など幅広く対応できる体制を整え、学生一人ひとりの安全・安心・快適なキャンパスライフを支えます。●日本学生支援機構奨学金本学在学生のうち、人物・学力ともに優れ、かつ健康で、経済的支援が必要であると認められる者に対し、願い出に基づく選考の結果、貸与される奨学金です。現在、本学では学生の4人に1人が、この奨学生となっています。奨学金には「第一種奨学金(無利子貸与)」と「第二種奨学金(有利子貸与)」の2タイプがあります。第一種のみでは修学維持が困難な場合には第二種を併用できます。なお、毎月の貸与額とは別に10万円、20万円、30万円、40万円、50万円から選択して貸与される「入学時特別増額貸与制度」も設けられています。記載の内容は、平成29年2月現在のものです。貸与の基準や金額については変更される場合がありますので、奨学金の利用を予定している年度の開始前(3月初旬以降)に、日本学生支援機構のHPまたは学校の窓口にて改めて確認してください。 日本学生支援機構ホームページ http://www.jasso.go.jp/■ 奨学制度種類貸与月額貸与期間第一種奨学金(無利子貸与)第二種奨学金(有利子貸与)自宅通学者45,000円、30,000円から選択可自宅外通学者51,000円、30,000円から選択可成績不良など特別の事情がない限り、奨学生として採用された月から卒業(正規の最短修学期間)まで貸与されます。3万円、5万円、8万円、10万円、12万円から選択可72

元のページ  ../index.html#72

このブックを見る