国立大学法人 愛知教育大学 大学案内2018
77/80

入試のこと、学部のこと、免許や資格のことなど、ここでは代表的な疑問・質問をピックアップしました。教育学部のある大学には、教員を養成することを目的とした教育機関と、教育学そのものを研究する教育機関とがあります。本学は前者で、教員養成を目的とした「教員養成課程」は教員免許の取得を卒業要件としています。「教育支援専門職養成課程」では教員免許は取得できませんが、学校教育を支援する専門職の養成を目的としています。教育学部とは、どのような学部ですか?QA本学の教員養成課程では、初等課程・中等課程とも、各教科の持つ専門の学修(教科内容の学び)と、教科を教え育むことのできる力(教育の学び)を、車の両輪ととらえてカリキュラムを構成しています。「教科内容の学び」「教育の学び」どちらにも力を注いでいますので、じっくりと4年間学べます。教員養成課程の選修・専攻では、その分野の専門を学ぶのですか?教育の方法を学ぶのですか?QA教育実習は、教員免許の取得に必要であり、教員養成課程の学生は必ず参加することになるため、カリキュラムに組み込まれています。教員養成課程の教育実習は、課程により異なりますが、本学は主免実習(3年次3週間)、隣接校種実習(4年次2週間)に分かれます。QA国語・社会・数学...といった「教科別」と違うため、高校生にとって分かりにくいかもしれません。教育科学選修・専攻は、学校教育のさまざまな「課題」の解決に向けアプローチしていく分野です。具体的には「教育学」「キャリア教育」「教育心理学」のコースから成ります。教科別の選修・専攻で開講されている所定科目の単位を修得することで、教科の教員免許を取得することができます(P16-17参照)。教育科学選修・専攻は、何の教科を学ぶのでしょうか?QAQA志望変更や健康上の理由による、転課程・転専攻(コース)などは、受け入れ教育組織の審査を経て許可される制度はあります。しかし、さまざまな条件や制約などが課せられますから、受験時に自分の進路をしっかりと考えておくことが重要です。入学後、他の課程・選修・専攻・コース等への異動は可能ですか?QA2017年1月に文部科学省から全国の国立大学教員養成系大学・学部44校における2016年3月卒業者の教員就職率が発表されました。愛知教育大学は正規採用者326名、臨時的任用133名で、両方を合わせた教員就職者数は全国第1位。本学の教員採用率も全国でも常にトップクラスを走っています。QA本学の特別支援学校教員養成課程では、特別支援学校教諭1種免許状、小学校教諭1種免許状のほか、中学校教諭2種免許状(希望の免許教科)を取得することができます。したがって、小中学校の教員になることは可能です(P16-17参照)。特別支援学校教員養成課程を卒業しても一般の小中学校の教員に就職できますか?教員養成課程の教育実習はカリキュラムに組み込まれているのですか?初等課程と中等課程との違いは何ですか?教員採用の合格状況について教えてください。QA一般入試(前期日程・後期日程)、推薦入試(推薦A:大学入試センター試験を課さない推薦入試、推薦B:大学入試センター試験を課す推薦入試)など複数の入試を実施しています。そのため、複数回(最大3回)の受験が可能です。入試の詳細については、入学者選抜要項および各入試の募集要項で確認してください。QA一般入試(前期日程・後期日程)においてのみ併願が可能となっており、毎年、多くの受験生が出願の際、併願を希望しています。ただし、選修・専攻・コースによって併願できる範囲が異なりますので、詳細は、一般入試募集要項を参照してください。入試において選修・専攻・コースの併願は可能ですか?どのような入試がありますか?QAQ&AQuestion & Answer卒業と同時に取得できる免許が、初等課程は小学校教員免許(幼児教育選修は幼稚園教諭免許)、中等課程は中学校教員免許(情報専攻は高等学校教員免許)となります。そのため、卒業するために学修する授業科目の指定が異なります。ただし、卒業するために必要な科目以外に、所定の授業科目を学修することにより、他校種の免許を取得することも可能です。詳しくは各選修・専攻のページを確認してください。77

元のページ  ../index.html#77

このブックを見る