国立大学法人 愛知教育大学 大学案内2018
8/80

“学校の先生”になるためには、教員免許の取得が必要です。愛知教育大学では幅広い教育現場で活躍するための知識や技術を身に付けるさまざまなカリキュラムを設け、専門性の高い教育を行っています。各選修・専攻ごとに、卒業要件として定める単位の修得により取得できる“主免”が定められていますが、その他にも履修カリキュラムを通して“副免”の取得も可能。小学校教諭1種免許状と中学校教諭1種免許状のダブル取得や社会教育主事などの資格を取得して、将来の選択肢を広げることもできます。すべての教員免許を網羅愛知教育大学 3つのアドバンテージ特 集愛知教育大学なら、あらゆる教員免許の取得が可能。幼稚園教諭小学校教諭中学校教諭(12教科)高等学校教諭(14教科)特別支援学校教諭養護教諭詳しくはP16-17をご参照ください。「養護教諭は子どもの命を預かる仕事」。私が愛知教育大学に入学して、印象に残っている言葉です。主に子どものけがの手当てと病気の対処を行うことが仕事だと思っていた私は、学びを深めていくうちに養護教諭の業務の幅の広さを知りました。例えば、窓ガラスが割れていないか、トイレは清潔かなどの設備状態や、教室の電気の明るさや二酸化炭素濃度などの環境に不備がないかをチェックする校内巡回も業務の一つ。また、担任を持つ教師と異なり、全校生徒が対象という特徴も。たくさんの子どもの心身の健康を守るため医療や保健、心理などの幅広い分野を学んでいます。また、副免として保健の免許取得にも取り組んでおり、養護教諭としての授業の進め方も修得中。豊富な実践の機会を生かし、笑顔を絶やさない養護教諭になるために日々努めています。学びを深めたからこそ分かる、「保健室の先生」の本当の存在。養護教諭養成課程 4年撮影場所/教育交流館08

元のページ  ../index.html#8

このブックを見る