大学紹介

HOME > 大学紹介 > 学長からのメッセージ : 学長室だより > 平成29年度入学式にて学長告示を行いました。

平成29年度入学式にて学長告示を行いました。

2017年4月4日(火)

新入生の皆さん,入学おめでとうございます。愛知教育大学の教員,事務職員,在学生を代表して,1119名の皆さんを心から歓迎致します。また,ご臨席いただいております,ご家族の皆様に,心よりお祝いを申し上げます。

愛知教育大学は,教員養成を主軸とした,全国屈指の大学です。明治6年(1873年)の愛知養成学校から数えて,140年以上の歴史を有し,愛知教育大学という名称になってから51年,この地に移転してから,47年が経ちました。
歴史ある本学には,いくつかの特色があります。

第一の特色は,幼稚園教諭から大学教員まで,子どもたちの発達に応じた,プロフェッショナルな教員の養成を行う,「教育の総合大学」だということです。
私たちの未来,日本の未来は,これから育つ子どもたちに委(ゆだ)ねられています。どんな子どもたちを育てるのかという,「人づくり」や「人育て(ひとそだて)」は,今後の社会を左右する大きな課題です。
そこで,この4月から,本学の学部には,教員養成課程に加えて,教育支援専門職養成課程を設置しました。
教員養成課程の皆さんには,子どもたちの未来を拓く,優れた教師になってほしいと思います。
教育支援専門職養成課程の皆さんには,教育の素養を身につけて,子どもたちの生活背景に目配りし,心の面から,福祉の面から,教育行政の面から,学校や教師の活動をサポートする,専門職になってほしいと思います。

第二の特色は,キャンパスが緑に恵まれているということです。
まもなく,構内の桜が満開となり,皆さんの新たな門出を祝って,美しい情景を見せてくれます。
昨今,機械化や電子化,合理化が進み,無人で動いたり,ロボットが活躍したりする場面を見るようになりました。
そういう時代だからこそ,季節の変化を感じ,自然の恵みや,生命の大切さを知ることのできる環境と,豊かな感性が必要だと言えます。

ここで,私の前任の大学での話をしたいと思います。
情景を思い浮かべながら,聞いて下さい。

それは,研究室の四年生たちと,大学構内にある小さな池の側を通った時のことです。
ふと見上げると,かつて見たことのない,赤トンボの大群が上空を覆っていました。
そのスケールに驚き,色々な疑問がわいてきた私は,学生たちに尋ねました。
「ねえ,こんなにたくさんのトンボ,どこから来たのかなあ。」
学生A「この池からじゃないですか。」
私「トンボも夜は寝るよね。」
学生たち(無反応)
私「トンボってどこで寝るのかなあ。」
学生B「山じゃないですか。」
私「山はあんなに遠いのに? あそこまで飛べるのかなあ。」
学生たち(無反応)
私「木にトンボがたくさんとまっているのって見たことないよね。山に登ったとき,大きな木に,たくさんのトンボがとまっているのを見たら驚くよね。凄いよね~。」
学生C「気持ち悪~い。」
私(返す言葉がなくなり、絶句。)

このやりとりは,今も強く印象に残っています。
このとき,初めて見た大群に,いろいろな疑問がわき,トンボの生態が不思議でたまらなかったのは私だけでした。
さて,皆さんならば,どうしたでしょうか?
不思議な現象を見て,どんどん疑問がわいたでしょうか?
気持ち悪いと思って,目を背けたでしょうか?

赤トンボの大群は,1つの例示だと言えます。私たちの日常には,予期せぬこと,不思議なこと,よくわからないことがたくさんあります。
大事なことは,皆さんが本学に来た目的や初心を忘れず,「疑問を解明し,知識を得て,考えをまとめ,自分なりの人生を拓く...」という姿勢を持ち続けることです。
感性の基礎にあるのは「五感」ですが,様々な体験活動を通して,「物事を様々な角度から見ること」「創造力を働かせること」を,しっかりと学んでほしいと思います。

巷では,悲しい事件や事故が後を絶ちません。
しかし,自然災害を除けば,その多くは,注意不足や,自己中心的な振る舞いによって引き起こされています。
人とのかかわり,自然とのかかわりの中で感性をみがき,他人の痛みがわかる,温かな人になってほしいと思います。

これから,本学は,「高度化」を主軸として,「実践力」の育成をはかり,「学び直し」の場を提供する,地域貢献型の大学を目指します。
学部生にあっては四年間,大学院生にあっては2年間または3年間,特別専攻科生にあっては1年間となる本学での学びが,少しでも豊かなものとなり,卒業や修了の時には,「愛知教育大学で学べて良かった。楽しかった。充実していた。」と言ってもらえるよう,最大限のサポートをしていきたいと思います。
皆さんが,心身共に健康で,有意義な学生生活を送られることを願い,私からの告辞とします。

平成29年4月4日
愛知教育大学 学長
後藤ひとみ

高校生の為の受験生応援ページ