大学紹介

HOME > 大学紹介 > 学長からのメッセージ : 学長室だより > エヌ・ティ・ティラーニングシステムズ株式会社と協定を締結しました。

エヌ・ティ・ティラーニングシステムズ株式会社と協定を締結しました。

2014年12月22日(月)

12月22日(月),国立大学法人愛知教育大学とエヌ・ティ・ティラーニングシステムズ株式会社は,ICT教育における共同研究等の実施に関する協定書を締結しました。協定締結式には,愛知教育大学から後藤ひとみ学長,白井正康理事(連携担当),中田敏夫理事(教育・学生担当),菅沼教生理事(研究・附属学校担当),白石薫二理事(総務・財務担当)が,エヌ・ティ・ティラーニングシステムズ株式会社からは中村克央代表取締役社長,川本保教育ICT推進部教育ICT研究室担当部長,猪狩秀人教育ICT推進部教育ICT研究室課長が,それぞれ出席し,後藤学長と中村代表取締役社長が協定書に署名しました。

後藤学長によるあいさつ後藤学長によるあいさつ

後藤学長から「エヌ・ティ・ティラーニングシステムズ株式会社とは,既に教員免許状更新講習において講習を実施することになっており,今後,更に現職の教員に対するICT教育を強化していきたい。そのため,共同研究の実施においては,専門的な知識の提供を積極的にお願いしたい」とあいさつがありました。

今後の抱負を述べる中村代表取締役社長今後の抱負を述べる中村代表取締役社長

中村代表取締役社長は「エヌ・ティ・ティラーニングシステムズ株式会社では,“教育スクウェア×ICTフィールドトライアル”を実践し,ICT化が進む中でタブレット等の情報機器を導入するだけでなく,いかに子どもたちに教えるか,活用できるかについて,実証研究から知見を得てきた。愛知教育大学とは,既に文部科学省からの委託契約においても協力いただいており,引き続き相互の研究協力を進めていきたい」と述べられ,締結式を終了しました。

終了後,記者会見を実施し,参加した記者たちから今後の展望について質疑応答が行われ,期待の高さがうかがわれました。その期待に応えるべく,まずは教員免許状更新講習と附属学校での実証研究を進めていくこととしています。

高校生の為の受験生応援ページ