大学紹介

HOME > 大学紹介 > 学長からのメッセージ : 学長室だより > 2015年2月15日 文部科学省初中局の清重隆信課長補佐と井上賢一課長補佐と懇談しました。

2015年2月15日 文部科学省初中局の清重隆信課長補佐と井上賢一課長補佐と懇談しました。

2015年2月15日(日)

2月15日(日)文部科学省初等中等教育局初等中等教育企画課の清重隆信課長補佐と特別支援教育課の井上賢一課長補佐が愛知教育大学を訪問し,附属特別支援学校の学芸会および発達障害理解推進拠点事業の一環で上演されたミュージカルを観劇しました。

児童らの熱演に笑顔がこぼれる後藤学長ら児童らの熱演に笑顔がこぼれる後藤学長ら

はじめに後藤ひとみ学長と白石薫二理事(総務・財務担当)の案内で,附属特別支援学校を訪れ,磯部洋司校長,波田章博教頭らと平成26年度採択された「自立・社会参加に向けた高等学校段階における特別支援教育充実事業」の実施状況などについて懇談しました。

その後,卒業生を送る学芸会の発表を観覧し,児童・生徒らの練習の成果に拍手を送りました。

ミュージカルの一場面ミュージカルの一場面

続いて,豊明市文化会館に移動し,17時からの発達障害への理解啓発ミュージカル「それぞれの星の下で」を観劇。公演情報が新聞各紙に取り上げられたこともあり会場は予約で満席となりました。会場には子どもから年配の方々まで幅広い年代層の観客が訪れ,発達障害の人たちのこころの世界,人とのかかわり方,それに伴う生き難さに関する理解を広めるという目的を果たすことができました。

清重課長補佐,井上課長補佐の両氏もミュージカルの完成度の高さに感心しきりの様子でした。

本学は,今後も教育委員会などと協力しながら,教育現場の課題に対して理論と実践を往還しながら教員養成系大学としてすべての子どもが生き生きと学ぶことができる社会の実現に向け貢献してまいります。

高校生の為の受験生応援ページ