ホーム > 健康支援センターとは

健康支援センターとは

  

センター概要


健康支援センターは本部棟西に位置する3階建ての建物で、「健康安全の保全業務」のための設備が 設置され活用されています。

当センターは、「健康は教育の基盤であり目的である」という理念のもとに、当初1978年「保健管理 センター」としてスタートし、学生や教職員の心身の健康管理と啓発教育に努めてきました。
その後、2004年の国立大学法人化に伴い、労働安全衛生に関する業務も当センターが関わることになりました。
2006年4月には、「学生と職員の健康安全と環境の保全を図るためのセンター」として位置づけられ、 名称も『保健管理センター』から『保健環境センター』に変更。
そして、2016年4月には環境業務の移管により、再び、学生や教職員の健康管理を専門業務とする「健康支援センター」と改称しました。

スタッフ紹介

2017年8月1日現在

佐々木 徹郎 健康支援センター長(併任)
(教職実践講座教授)

<保健部門>

田中 生雅 精神神経科医 (教授)
田中 優司 内科医 (教授)
荒武 幸代 保健師
大西 幸美 看護師 (非常勤)
杉野 裕子 臨床心理士 (非常勤)
長尾 直代 臨床心理士 (非常勤)

<事務部門>

清水 久己 学生・国際課課長
佐藤 重成 学生・国際課副課長
吉池 和正 学生・国際課保健・寮務担当係長

健康支援センターとは

ページトップへ