Aichi University of Education

HOME > News & Topics > 2016年一覧 > 2016年07月掲載分 > 2016年6月2日 名誉教授称号記授与式を挙行

2016年6月2日 名誉教授称号記授与式を挙行

2016年07月12日

「平成28年度愛知教育大学名誉教授称号記授与式」が6月2日(木)に本部棟第五会議室にて行われました。

授与式の様子授与式の様子

名誉教授の称号は,本学で長年教壇に立ち,定年を迎えた教員を対象に,愛知教育大学名誉教授称号授与規程に基づき贈られます。今回,称号が授与されたのは,恒次欽也,尾形和男,坂柳恒夫,佐藤豊,高瀬正一,西宮秀紀,岩崎公弥,渡辺雅弘,河村善也,礒部洋司の10氏で,授与式には,尾形,坂柳,佐藤,高瀬,西宮,岩崎,河村の7氏が出席し,後藤ひとみ学長から,一人ひとり称号記を受け取りました。

後藤学長から「本日は誠におめでとうございます。さまざまな経歴を持つ先生方が,愛知教育大学の名誉教授という称号を快く受け取っていただけることを大変うれしく思います。長きにわたる本学への貢献に感謝申し上げるとともに,これからも生涯にわたって愛知教育大学の発展にご協力くださるようお願いします」と,お祝いの言葉が贈られた後,名誉教授を代表して,岩崎名誉教授から「本日はこのような式典を開いていただきありがとうございます。歴代の名誉教授である先生方と同じ称号を手にしたということで,たいへん身が引き締まる思いがあり,称号に恥じぬように精進を重ねていこうと心に決めた次第ですので,今後ともどうぞよろしくお願いいたします」と,お礼の言葉が述べられました。

式の後,会場の金屏風(びょうぶ)前で記念撮影が行われ,引き続き昼食を取りながらの懇談会が開催されました。

(人事労務課 人事担当 伊藤英作)