Aichi University of Education

HOME > News & Topics > 2017年一覧 > 2017年01月掲載分 > 2016年12月22日 北設楽地方教育委員会と相互連携に関する協定を締結

2016年12月22日 北設楽地方教育委員会と相互連携に関する協定を締結

2017年01月11日

協定締結協定締結

12月22日(木) 本部棟第五会議室において,本学と北設楽地方教育委員会(設楽町,東栄町,豊根村)の相互連携に関する協定を締結しました。

あいさつをする後藤学長あいさつをする後藤学長

協定の締結式には,本学からは,後藤ひとみ学長,白井正康理事(連携担当),中田敏夫理事(教育・学生担当)・副学長,菅沼教生理事(研究・附属学校担当)・副学長,上口孝之理事(総務・財務担当)・副学長・事務局長,北設楽地方教育委員会からは,後藤義男設楽町教育委員会教育長,平松伸一東栄町教育委員会教育長,川井富孝豊根村教育委員会教育長が出席しました。

あいさつをする東栄町教育委員会 平松 伸一教育長あいさつをする東栄町教育委員会 平松 伸一教育長

今回の協定は,東三河教育事務所管内教育委員会のうち,昨年度2月に締結した5市(豊橋市,豊川市,蒲郡市,新城市,田原市)教育委員会以外の教育委員会で,調整等の都合により相互連携協定が締結できなかった設楽町,東栄町,豊根村の2町1村教育委員会を一つのブロックとして協定を結ぶもので,教員養成大学として広域拠点型の教員養成大学を目指している本学の社会的使命として,人的交流による地域活性化への貢献,また,へき地教育・小規模学校教育問題等の教育問題への取り組みや,学生の実践力の育成として自然体験活動等の学びの場の提供を目的とし,協定を結びました。

協定締結の記念撮影協定締結の記念撮影

締結式では,白井理事から,協定締結の経緯や目的・特色等の概要説明の後,学長および各教育長による協定書への署名を行いました。続けて,後藤学長から,「協定を結ぶことにより忌憚(きたん)のない意見をお互いに出し 合いながら,良い教師,ならびに教育を支えていく専門職を育てていく方向で連携し,子供たちの未来を拓いていくことに協力願いたい」とのあいさつがあり,教育委員会を代表して,平松教育長から「北設楽は小規模校やへき地校ではあるが,独自に伝統のある地に着いた教育を行っており,それゆえにさまざまな課題も持っているため,一緒に解決できるようご支援をいただきたい。また,人的交流により北設3町村の教育環境が充実していくよう連携して取り組んでいきたい」と話され,締結式を終えました。

(研究連携課 社会連携係長 渡邊伸彦)