文字サイズ

ホーム > お知らせ一覧 > 連携事業連携事業 > 南京大学 短期中国語研修プログラム

南京大学 短期中国語研修プログラム

4大学連携事業として南京大学 短期中国語研修プログラムを開催します。

コースの特色
使える表現の学習を中心とします。
会話トレーニングに重点をおいており、実践的な中国語を身につけることができます。
現在の中国語レベルに関わらず、誰でも参加いただけます。参加者の中国語レベルによって、初級、中級、上級のクラスに編入できます。

しっかりとした学習指導が行われます。
授業は全て中国語で行われます。

世界からのほかの国の留学生と交流できます。
今、南京大学は約800人の留学生がいます。レベルに合わせた長期留学クラスに編入されて、ほかの国の留学生と一緒に生活し、中国語を勉強します。異文化交流の場として大いに活用してもらえます。

文化体験も含まれています。
本研修プログラムには、太極拳や水墨画などを体験でき、中国文化に触れる機会もあります。

期間
2018年3月5日(月)より(希望に合わせて、2週間から長期留学まで可能)

応募資格
名古屋大学生・三重大学生・愛知教育大学生・岐阜大学(中国語を母語とする者を除く)
中国語レベル不問、会話に重点を置いた中国語でのコミュニケーション能力を向上させたい方を対象とします。

コース内容
中国語研修(主に会話の強化)、文化体験など

参加費用
入学検定料:400元/人(約6700円)
授業料:2週間以内の場合2000元(約33000円)、
2週間以降は毎週1000元(約16600円)ずつ追加することになります。

宿泊費:
①1人で一つの部屋を使用する場合:朝食付きで200元(約3300円)/泊、
②2人でルームシェアする場合:1人あたり朝食付きで120元(約2000円)/泊
(ルームメイトがいない場合、南京大学はルームメイトの紹介ができますが、最終的にルームメイトが見つからない場合、①の料金になりますので、ご了承ください。)
なお、航空券、生活費は別料金となります。
※航空券や渡航については、各自で手配してください。

宿泊先(予定)
南京大学付近のホテル(二人部屋)
南京华达宾馆
http://hotels.ctrip.com/hotel/4662249.html#ctm_ref=hod_hp_sb_lst

設備:エアコン・シャワー・トイレ・テレビ・机・椅子・ベッドなど

応募方法
オンライン申込み後,大学へ報告
申込み手順は別添ファイル「南京大学春季留学申込方法」をご覧ください。
nanjing2.pdf
オンライン申込みが完了しましたら,愛知教育大学と名古屋大学の両方に登録完了の報告メールをしてください。

応募締切
2017年12月25日(月)午後5時(日本時間)必着

オンライン申込み後の報告先及びお問い合わせ
①愛知教育大学 学生・国際課 国際交流室 
TEL(0566)26-2179
E-mail : kokusaikoryu@m.auecc.aichi-edu.ac.jp

②名古屋大学中国交流センター ※海外留学室ではなく、以下までお問い合わせください。
Email: office@nushanghai.net
Tel: +86-21-62806185
担当者:リュウ 日本語で対応します。

お問合せ・申し込み・(ビザ書類の送付)について対応します。
申し込み後の詳細などについては、南京大学が対応します。

南京大学の紹介
南京大学(http://www.nju.edu.cn
住所:南京市漢口路22号
南京大学海外教育学院(http://hwxy.nju.edu.cn/en/japan/Default.aspx
1902年に設立された中国の名門大学です。中国で最も早く留学生を受け入れた大学の一つとして知名度も高く、中国語教育レベルは高い評価を得ています。キャンパスは南京の市内に位置し、大学近くに地下鉄もあるので、日常生活には不自由しません。


カテゴリ:連携事業|掲載日:2017年11月17日