大学紹介

HOME > 大学紹介 > 学長からのメッセージ : 学長室だより > 国立大学協会東海・北陸地区支部会議(平成30年度第3回)を開催しました。

国立大学協会東海・北陸地区支部会議(平成30年度第3回)を開催しました。

2019年2月1日(金)

2月1日(金),南知多の和風旅館 粛 海風にて,本学が当番大学となり国立大学協会東海・北陸地区支部会議(平成30年度第3回)を開催しました。当日は,東海・北陸地区の12の国立大学長により,国立大学全体に関わる問題についての協議を行いました。会議には各国立大学学長と理事・事務局長のほか,文部科学省高等教育局国立大学法人支援課 加賀谷課長補佐や国立大学協会の木谷常務理事が出席しました。

まず,東海・北陸地区支部の代表である名古屋大学の松尾総長が挨拶を行い,次に議長として当番大学の後藤学長が挨拶しました。

その後,東海・北陸地区の各国立大学から事前に提出された協議事項について,審議を行い,後藤学長の司会のもと,各協議事項に対して,活発な議論を展開しました。

その後,加賀谷課長補佐が次年度の文部科学省の予算案並びに,国立大学法人運営費交付金の新しい配分制度について説明された後,文部科学省・国立大学協会・各大学長の間で意見交換等を行いました。

会議終了後の懇親会では,今年度末で退官される福井大学の真弓学長と富山大学の遠藤学長に向けて退官記念セレモニーを行い,後藤学長から退官記念品として本学のオリジナル梅酒と麦焼酎のセットと日間賀島名産の島のりを手渡しました。

高校生の為の受験生応援ページ