大学紹介

HOME > 大学紹介 > 学長からのメッセージ : 学長室だより > 多文化体験活動壮行会で挨拶しました。

多文化体験活動壮行会で挨拶しました。

2019年2月26日(火)

2月26日(火),教育未来館3階多目的ホールにて,多文化体験活動壮行会を実施しました。

「多文化体験活動」とは,実践的な指導力の育成を目的として本学が開設している「実践力育成科目」の一つで,今年度初めて実施します。学部2年生(履修上は3年生)が,アジアを中心とした協定校のある地域に行き,体験を通して海外における子どもの生活実態を把握し,教師および教育を支える専門職に必要となる資質や能力について多角的に考えることを目標としています。

今年度は,カンボジア,インドネシア,タイ,ベトナム,モンゴル,韓国,台湾,中国,フィリピン,マレーシアの10カ国に約1週間の日程で学生193名,引率の教員・事務職員27名を派遣します。

壮行会で,学長が「文化が進んだ日本では感じにくい『学校は大切だ』という教育の原点ともいえる体験を学生たちにしてもらいたいと思っている。はじめての試みのため,たくさんの課題を抱えて帰ってくることとなると思うが,体験談を含めて,帰国後には意見交換を行い,よりよいプログラムにしていきたい。」と引率の教職員へエールを送りました。

それぞれのコースの出発は,3月6日(水)から始まります。

高校生の為の受験生応援ページ