大学紹介

HOME > 大学紹介 > 学長からのメッセージ : 学長室だより > 平成31年度大学院入学式にて学長告示を行いました。

平成31年度大学院入学式にて学長告示を行いました。

2019年4月4日(木)

本日,大学院1年生となった皆さん,入学おめでとうございます。
愛知教育大学の教員,事務職員,在学生を代表して,大学院進学者130名を,そして,この場の出席者である27名の皆さんを心から歓迎致します。

ご承知の通り,愛知教育大学は,教員養成を主軸とした,全国屈指の大学です。明治6年(1873年)の愛知養成学校から数えて,140年以上の歴史を有し,3つの師範学校が統合して「愛知学芸大学」になって70年,「愛知教育大学」に改称して53年,この地に移転してから49年が経ちます。

歴史ある本学には,いくつかの特色があります。

第一の特色は,幼稚園教諭から大学教員まで,子どもたちの発達に応じた,プロフェッショナルな教員の養成を行う,「教育の総合的な大学」だということです。

言うまでもなく,私たちの未来,日本の未来は,これから育つ子どもたちに委(ゆだ)ねられています。よって,どんな子どもたちを育てていくかという,「人づくり」や「人育て」は,今後の日本社会を左右する大きな課題だと言えます。
そこで,愛知教育大学は,2017年4月に学部を改組し,教養豊かな人を育ててきた「現代学芸課程」を,教員養成の機能を生かす「教育支援専門職養成課程」にしました。

このような改組の背景には,子どもたちの生活に寄り添うことのできる,心理や福祉や教育行政に長けた専門職を育てたいという思いがあります。
さらに,本学を卒業して教師になった人たちが,多様性や多忙化が言われる教育現場の中で,力量を十二分に発揮し,大いに活躍するためのサポーターになってほしいという願いもあります。
2年後には,教育の素養を身につけた,教育支援の専門職が巣立ち,チームとしての学校を支えていきます。大いに期待したいと思います。

第二の特色は,キャンパスの風景が緑の木々と融和していることです。今年は,満開の桜が,皆さんの門出にふさわしい,美しい情景を見せてくれています。

昨今,機械化や電子化,合理化が進み,AIと共存する社会が近づいています。そういう時代だからこそ,季節の変化を感じ,自然の恵みを知って,生命の大切さを考えることのできる豊かな環境が必要です。本学は,それに適した学習環境と言えます。

ところで,私が学長に就任して以降の5年間で,キャンパスの施設・設備は少し変わりました。教育未来館の新設,美術棟の改修,教育交流館の開設,AUEスクエアの整備,馬術部厩舎(きゅうしゃ)の改修,図書館の改修,AUEセミナーハウスの新設などを行ってきました。
連休明けには,第一人文棟の改修が完了し,夏までには,講堂の隣で工事中のイノベーションホールの改修も完了予定です。
この他にも,今年で3年生までが揃う教育支援専門職養成課程のために,演習室や実習室の整備を行い,来年から本格的に始める自然科学棟の改修は,再来年には完了予定です。

このように,教育研究の環境を整備してきた背景には,少子・高齢化が進む日本の未来を見据えて,子どもたちの意欲や能力を拓くことのできる,心豊かな「教師」と「専門職」を育てたいという思いがあります。

来年からは,「2020年教育改革」が進み,子どもたちは,新しい内容の教科書で学び,大学センター入試も新共通テストに変わります。
10年後には,高齢化と労働力不足による「2030年問題」が生じ,20年後には,社会保障制度の破綻や町の消失が懸念される「2040年問題」も指摘されています。

少子・高齢化や労働人口の減少などに対応して,国は,第4次産業革命と呼ばれる動きを加速しています。この改革は,「Society 5.0」時代の到来を意味しています。
Society 5.0とは,狩猟社会,農耕社会,工業社会,情報社会に続く,テクノロジーを活用した新たな社会づくりを目指すものです。
すでに,ドローン,検索エンジン,オペレーション・サポート,自動走行車,遠隔操作ロボットなどの導入が進み,様々なテクノロジーによって,私たちの生活は,より豊かなものに変貌しつつあります。

また,日本の教育は,6年前の1月に閣議決定された「21世紀の日本にふさわしい教育体制の構築や教育の再生を実行する教育改革」,いわゆる「教育再生実行会議」の提言によって進められています。
この間,「いじめの問題,教育委員会制度,これからの大学教育,高大接続と大学入学者選抜,学制,地方創生,教師の資質能力,教育投資・教育財源,子供たちの可能性を開花させる教育,自己肯定感を高めて未来を切り拓く子供の教育など」に関する施策が実行されてきました。今年1月18日に出された第11次提言の中間報告では,技術の進展に応じた教育の革新について述べられ,Society5.0に対応した教員養成が期待されています。

さて,「地平かに(ち・たいらかに),天(てん)成る」,「内平かに(うち・たいらかに),外(そと)成る」から引用され,「天地,内外ともに平和が達成される」という意味であった平成の時代は,3週間余りで幕を引きます。そして,「人々が美しく心を寄せ合う中で,文化が生まれ育つ」という意味の「令和(れいわ)」時代が始まります。
しかしながら,物事には,「不易」と「流行」があり,平成も令和も,私たちが永遠に変わることなく求める「不易」の姿だと言えます。
一方,Society 5.0が目指す,人工知能を活用した新しい時代は「流行」の姿だと言えます。時代とともに変わる「流行」に対応しながらも,永久不変に変わらない自分の中の「不易」の価値観をより確かに身につけてほしいと思います。

なお,巷(ちまた)では,悲しい事件や事故が後を絶ちません。しかし,自然災害を除けば,その多くは,注意不足や,人間の自己中心的な振る舞いによって引き起こされます。
高度な専門職業人を目指す皆さんには,他人の痛みがわかる,温かな人を一人でも多く育てるよう,2年間または3年間の学びを深めてほしいと思います。

本学は,教職大学院を核として,「高度化」を主軸に,「実践力」の育成をはかり,「学び直し」の場を提供する,地域に貢献する大学を目指していきます。
本学での学びが,皆さんのキャリア形成に貢献できるよう,我々は最大の支援をしていきたいと思います。

皆さんが,心身共に健康で,有意義な学生生活を送られることを願い,私からの告辞とします。

平成31年4月4日
愛知教育大学 学長 後藤ひとみ

高校生の為の受験生応援ページ