大学紹介

HOME > 大学紹介 > 学長からのメッセージ : 学長室だより > 文部科学省の有識者会議にて外国人児童生徒教育の充実方策を説明しました。

文部科学省の有識者会議にて外国人児童生徒教育の充実方策を説明しました。

2019年8月28日(水)

8月28日,文部科学省「外国人児童生徒等の教育に関する有識者会議」(第3回)にて,先駆的な取組を行う大学として,後藤学長,川口准教授(日本語教育講座)が出席し,大学やNPO団体等から本学の取組についてヒアリングがありました。

後藤学長が本学の取組概要について説明した後,川口准教授から外国人児童生徒支援リソースルーム,初等教育教員養成課程日本語選修,平成30年度から全学必修科目となった「外国人児童生徒支援教育」の取組について紹介しました。

最後に,後藤学長が今後の外国人児童生徒教育の充実に向けて,教員養成課程における基礎教育の充実,採用段階や現職教員の研修,自治体・教育委員会との連携,これらを実現するための財政措置などについて述べました。

高校生の為の受験生応援ページ