ミドルリーダーを目指す現職教員の方

教職実践応用領域修了生のことば

掲載日:2013年04月10日


平成24年度
学級づくり履修モデル修了生
伊藤 幹也

 教職大学院での2年間の学びは、自分の教育観や教育技術について、再度振り返るよい機会にすることができました。職務を続けながら大学院に通う制度は、大学院での学びをすぐに現場で応用してみることができるものでした。 
 学級経営については、これまで経験だけを頼りに実践を行ってきましたが、今回の教職大学院での学びを通して、一つ一つの実践に対して、論理的に考える習 慣ができるようなりました。このことにより、目の前の子どもたちに対して、自信をもって実践することができ、子どもたちに安心感を与えることができるよう になったのではないかと思います。この経験は、今後の教員生活に生かすことができる財産となりました。
 また、私は課題研究として、「キャリア教育」を追究しました。現場にいるとなかなか時間がなくて深く追究したり実践を考えたりすることはできませんが、 教職大学院という機会を得たことで、多くのことを学びました。そして、修了した現在、職場に対して学びを還元できているのではないかと思っています。
 本当に熱心にご指導いただき、感謝をしています。


トップへ戻る