ミドルリーダーを目指す現職教員の方

教職実践応用領域修了生のことば

掲載日:2014年05月21日


平成25年度
学級づくり履修モデル修了生
服部 易弘

これまで現場でいくつもの研修と研究の機会をいただき,教師としての力量をそれなりに高めてきたつもりでしたが,この教職大学院での2年間で,何度も自分の未熟さを感じることがありました。先輩の実践を踏襲しただけであったり,何気なく取り組んでうまくいったやり方に頼っていたりしたことが多くあったのではないかと振り返ることができました。教職大学院で理論と実践を結び付けて学ぶことができたおかげで,指導の幅が広がるとともに,若い先生への助言を以前より多面的にできるようになってきたと感じています。今後も学び続ける姿勢を自ら示しながら,学んだことを広く還元していきたいと思います。


トップへ戻る