新たに教員を目指す学部直進・社会人の方

教職実践基礎領域修了生のことば

掲載日:2011年05月26日


平成23年度修了生
有田 弘樹

 「子どもたちに、楽しく学力が身につくような国語の授業がしたい」「子どもたちの成長をあたたかく支えてあげられるような教師になりたい」という思いから、私は教職大学院に進学しました。
 教職大学院では、愛知県・名古屋市教育委員会から派遣された優秀な先生方とともに学び深めあえるすばらしい学習環境があります。また、長期間にわたる小・中学校での学校サポーター活動や教師力向上実習などを通して、新人教員として求められる「授業力」向上だけでなく、「学級統率力」や「学級経営力」など、幅広い視野での「教師力」向上に努めることができます。
 さらに、教育現場に精通した先生方(元校長先生など)のあたたかくきめ細やかな学習会などにより、大学院1年時には「教員採用試験」(愛知県、中学校・国語)にも合格させていただくこともできました。
 この2年間の学びを生かして、「子どもたちに『学びの楽しさ』を実感させられるような教師」「子ども一人一人に寄りそい、支え、はげますことのできる教師」を目指していきたいです。


トップへ戻る