新たに教員を目指す学部直進・社会人の方

教職実践基礎領域修了生のことば

掲載日:2015年07月03日


平成26年度修了生
宮田 愛子

「どんな子どものことも大きく包み込むことができる本物の教師になりたい」「学びが生活に生きる本物の授業ができるようになりたい」と思い、教職大学院に進学しました。

教職大学院には、本物の教育に出会うことのできる最高の学びがあります。教育現場に精通した実務家教員と研究者からの実践事例を元にしたきめ細やかな指導、現在、現場で実際に日々の教育実践を行っている優秀な先生方との学びは、今までは知ることのできなかった奥が深い教育の素晴らしさや真実に出会わせてくれました。

そして、学校サポーター活動や教師力向上実習での実践により、それまでの学びを自分なりの実践力として身につけることができました。

教職大学院で学んだ本物の教育を確かな自分の実践にしていくために、これからも日々精進していきたいと考えています。


トップへ戻る