文字サイズ

ホーム > 本学への留学 > 5.在留期間の更新

5.在留期間の更新

・在留期間満了の2ヶ月前までに以下の書類を国際交流センターに提出してください。

・返却されたら,名古屋入国管理局に行き,申請をしてください。

・期間が更新されたら,必ず以下のものを国際交流センターに提出してください。

『提出物』

  1. 外国人登録証明書 / 在留カード
  2. パスポート
  • ※申請は,在留期間満了の3ヶ月前から申請可能です
  • ※国際交流センターに提出後,返却するまで1週間から10日かかります

 

【在留期間更新許可申請に必要な書類】

・日本で発行される証明書は,すべて発行日から3ヶ月以内のものを提出してください。

・これ以外の書類の提出を,大学・入国管理局から求められることがあるので,できるだけ早めに申請してください。

 

 

正規生

(学部生・大学院生)

非正規生

(研究生・科目等履修生等)

提 出 先
1.在留期間更新許可申請書

大学

入国管理局

2.パスポート

大学

入国管理局

3.外国人登録証明書 / 在留カード

大学

入国管理局

4.在学証明書

大学

入国管理局

5.経費支弁を証明する書類

大学

入国管理局

6.成績証明書  

大学

入国管理局

7.研究内容証明書   (研究生のみ)

大学

入国管理局

8.在留期間更新許可申請に

関する所属機関等作成申請書

大学
9.受講一覧及び研究内容

大学

●は申請から発行までに特に日数がかかる書類

 

【必要書類詳細】

1.在留期間更新許可申請書  
2.パスポート 原本を持参してください
3.外国人登録証明書 / 在留カード 原本を持参してください
4.在学証明書

①正規生⇒教務課にある証明書発行機

②非正規生(研究生)⇒国際交流センター

③非正規生(科目等履修生)⇒教務課

5.経費支弁を証明する書類 預金通帳のコピーなどお金の移動が明記されたもの
6.成績証明書 教務課
7.研究内容証明書(研究生) 指導教員に書いてもらいます

8.在留期間更新許可申請に関する

所属機関等作成申請書交付願

 
9.受講一覧及び研究内容 受講科目の担当教員と指導教員の印鑑が必要です

 

  • ※3,4月に在留期限が切れる者で,大学院に合格した者は「入学許可通知書」が必要です
  •   入学許可通知書は,入学手続き後(3月下旬)に学生支援課に発行申請をしてください
  • ※在留期限が入学手続き前に切れる者は,事前に連絡してください