文字サイズ

ホーム > 本学への留学 > 留学生受入

留学生受入

留学の種類

学部生

外国人であって日本国の永住許可を得ていない者で,大学が定める基礎資格を有し,かつ要件を満たしている者

  • (※基礎資格及び要件は,募集要項で確認してください。)
  • 募集案内

大学院生(修士課程)

外国籍を有し,国際交流基金と日本国際教育支援協会が実施する日本語能力試験N2レベル(旧試験の場合は2級)以上の資格を有する者で,主に,外国において,学校教育における16年の課程を修了した者等

交換留学生

本学と海外協定校との間で締結された「留学生交換に関する実施計画」に基づいて,海外協定校に在籍したまま,交換留学生として本学で教育を受ける者

研究生(学部,大学院)

国際交流基金と日本国際教育支援協会が実施する日本語能力試験N2レベル(旧試験の場合は2級)以上の資格を有する者で,大学が定める要件を満たし,かつ,入学許可後に研究指導を受ける予定の教員から受入内諾を得ている者

  • (※要件は,出願要項で確認してください。)
  • 募集案内

科目等履修生(学部,大学院)

特定の科目について知識及び技能を修得し,併せて,その科目の単位を修得することを目的とする者。学部の場合は,高等学校を卒業した者で,日本語の能力を有すると認められること,大学院の場合は,大学を卒業した者

在留資格

海外在住者が日本に留学する場合,「留学」の査証を申請するために「在留資格認定証明書」が必要になります。
在留資格認定証明書交付申請の手続きは,本学において行います。
なお,在留資格認定証明書が交付されるまでに1ケ月程度要しますので,早めに手続きをとってください。

入学が許可されると,本学から次の1と3の書類を送ります。
その書類を最寄りの在外日本大使館・日本領事館に提出し,「留学」査証を取得してください。

  1. 入学許可通知書
  2. 旅券(パスポート)
  3. 在留資格認定証明書

奨学金

学部生・大学院生対象

  1. 国費(国内採用)
  2. 学習奨励費(日本学生支援機構)
  3. その他(民間)

交換留学生

  1. 日本学生支援機構留学生交流支援制度
  2. 愛知教育大学教育研究基金外国人留学生受入支援事業

住居

住居は,次の3種類があります。

  1. 学生寮(学内)
  2. 国際交流会館(学内)
    • 入居期間
      原則1年以内で,特別な理由がある場合は,1年を限度として延長が許可される場合があります。
    • 寄宿料(月額)
      • 単身室 4,700円
      • 夫婦室 11,900円
      • 家族室 14,200円
    • その他
      • 寄宿料のほか,光熱水料を負担しなければなりません。
      • 日本人学生が,会館チューターとして常駐しています。
  3. 民間の住宅
    各自で,契約してください。

チューター制度

本学に在籍する日本人学生が,留学生の日常生活,学業を支援する制度です。

  • 日本語チューター・・・・日本語教育講座学生
  • 専門分野チューター・・・留学生の専攻に関係する学生