文字サイズ

ホーム > 海外への留学 > 晋州教育大学校留学体験記-2013.2

晋州教育大学校留学体験記-2013.2

所 属 現代学芸課程  日本語教育
留学先大学名(国) 晋州教育大学校(韓国)
留学先での専攻 国語
留学期間 2012年3月~2013年2月(愛教大2年次に留学)
奨学金受給 有 (晋州教育大学から)

【留学先大学について】

学生数

約2000人

留学生数

1人

学部

教育学部

大学の特徴

初等教育専門の教育大学。附属小学校が敷地内にある。

大学の立地

中心部から徒歩20分程度の場所。

【授業について】

受講した授業科目

体育・音楽・英語・美術・家庭科・国語 

受講を薦める科目

体育・音楽

履修方法

受けたい授業を決め,その授業の先生に受講したい旨を伝える。

外国語補講


(週に1度数時間授業がある。)

勉強についてのアドバイス

実技教科をたくさんとることになるので特に予習復習などが必要な授業はなかった。英語や音楽では小テストや発表があるので準備をする必要がある。

【留学前準備について】

準備期間

留学の3ヶ月前から準備

準備内容

ビザの取得・荷物をまとめる・保険に入る・奨学金を一時停止する

留学先の情報収集方法

先輩,先生から話を聞く・インターネット

語学準備

6ヶ月前から(学習方法:本を買って自分で勉強)

ビザ取得の有無

有 (7日程度)

ビザ申請時の注意事項

ビザができるまでパスポートを預けなければいけないので,その間の期間に必要な人は注意する。

航空券

片道(30000円)

日本から持参すると良いもの

プラグ変換器・変圧器・辞書・勉強教材

留学前にあると良かった情報

寮費がいくらか。奨学金について。愛知教育大学の授業料分ではなく年500万ウォンがもらえるということをしらなくて少し混乱した。

【留学先について】

都市(街)の名前

晋州市

規模,雰囲気

刈谷市くらい。都市ではないが生活に不便がない程度。

気候

名古屋より冬はすこし寒い

治安

人や車が多い場所は安全

【日常生活について】

滞在先

滞在形態

部屋の種類

個室

家賃

月額 1万円程度(光熱費:0円)

滞在先での問題

特になし

医療(日本から持参した方が良い薬,健康管理の注意点,利用病院名,費用など)

韓国の薬は強い可能性があるので一通りの薬はもっていったほうがいい。
水道水は飲めないので気を付ける。

食事(学食・外食の値段など)

3食学食を食べられる。(長期休暇時以外)

買い物(お店の名前など)

市内で衣料品・雑貨は買える。
食料品や日用品は近くの大型マートですべてそろう。

長期休暇の過ごし方

国内旅行にでかけたり,勉強に集中する。

インターネット,携帯電話の使用環境

部屋でPCは使える。携帯はWiFiを使用。

服装,習慣・マナーの違いなど

服装は日本と似ている。食事時は皿をもって食べないなどマナーの違いがあるが
そんなに気にしなくても大丈夫。

【1日のスケジュール例】

朝起床 授業に出る 昼食を食べる
休憩 授業に出る 夜ごはん食べ遊ぶ
帰宅 洗濯する シャワーする 
テレビ・PC・勉強 など 
就寝

【留学中,特に苦労したこととその対処法】

最初はことばが全くわからなくて苦労した。
周りのひとが助けてくれるので問題ないが
留学前に日常会話程度学んでいくと助けになると感じた。

【留学を検討している学生にアドバイス】

留学生(1年間いる)が自分しかいなく語学堂のように毎日韓国語の授業があるものではないので自分で勉強できるように教材などもっていくのがよい。
日用品などすべて向こうで揃うので日本から持っていく必要はない。
最初は外国人登録証ができるまで口座開設できず,奨学金も受け取れないので多少お金をもっていくのがよい。