海外への留学

海外への留学

海外への留学希望者へ

1.留学の相談について

・国際交流センターで,海外留学支援のための奨学金や修学及び生活上の指導助言を行います。随時,留学の相談に応じますので,何でも気軽におたずねください。

また、国際交流センターでは、豊富な留学経験を持つ先輩(AUE海外留学サポーター「Global Student Adviser」)が親身になって,定期的にみなさんの海外留学についての相談に乗ります。

留学準備や,行き先,留学形態,留学のタイミングや,どんな留学が自分に合っているかなど,同年代の「Global Student Adviser」が学生目線で製作した「愛知教育大学 留学ガイドブック」もぜひ一度閲覧してみてください。

愛知教育大学 留学ガイドブック

愛知教育大学 留学ガイドブック(PDF)

2.留学の方法,留学中の大学での取り扱いについて

・長期留学の形態は,次の2つに分けられます。

・留学中の授業料や単位の取扱いもそれぞれ異なります。

・派遣留学 ・・・・「留学」の許可を得て本学の交流協定校へ交換留学生として派遣

・派遣期間は1年間を基本とします。

・留学中も本学への授業料納付は必要ですが,留学先大学への授業料等は徴収されません。

 (授業料府徴収協定締結大学に限ります)

・留学先で取得した単位の振替制度があります。

私費留学 ・・・・「休学」を許可されて行う留学

・留学エージェント等を利用して,学生自身で留学先を決定します。

・本学への授業料納付は必要ありませんが,留学先大学への授業料等は徴収されます。
・留学中に取得した単位の振替はできません。

留学形態

本学への授業料

留学先への授業料

留学先で取得した単位

派遣留学

納 付 ○

納 付 ×

(一部例外あり)

単位振替 ○

私費留学

納 付 ×

納 付 ○

単位振替 ×

3.留学までにやっておくことについて

・国際交流の進展により海外留学を希望する学生が増えてきています。
留学する際には,留学を希望する国や大学の事情を十分に調査し,綿密な計画を立てるなど,1年位前から準備をすすめてください。

普段から,留学に関する情報を積極的に入手したり,指導教員等への相談や教務企画課で履修上の指導を受けたり,キャリア支援課で就職活動のアドバイスを受けたり,留学経験者の体験談を聞いたりすることが必要です。

・海外留学にあたっては,少なくとも希望する国の日常会話レベルの言語会話能力が必要です。
また,大学によっては一定の語学能力を入学条件にしているところもあります。十分な語学学習をしておきましょう。

4.留学のための経済支援について

・海外留学のための奨学金制度があり,主なものとして次の2つがあります。
・そのほか,地方自治体や民間団体による奨学金や派遣先国の団体による奨学金もあります。

・日本学生支援機構海外留学支援制度(短期派遣)※日本学生支援機構の採択結果による

本学と学生交流に関する協定を結んだ大学へ留学する学生に対して,選考により奨学金が支給されます。奨学金は,派遣先により,月額8万円,7万円,6万円です。

・愛知教育大学教育研究基金海外派遣留学生支援事業(派遣)

本学と学生交流に関する協定を結んだ大学へ留学する学生に対して,選考により奨学金が支給されます。奨学金は,月額5万円です。





ページの先頭へ戻る