文字サイズ

ホーム > 海外への留学 > 晋州教育大学校留学体験記-2014.2

晋州教育大学校留学体験記-2014.2

 

所 属 現代学芸課程 国際文化コース
留学先大学名(国) 晋州教育大学校(韓国)
留学先での専攻 数学科
留学期間 2013年3月~2014年2月(愛教大3年次に留学)
奨学金受給 有(晋州教育大学校交換留学プログラム)

留学先大学について

学生数

約2000人

留学生数

3人 (主な国籍:日本のみ)

学部

教育学部

大学の特徴

初等教育専門の学校。敷地内に,附属の小学校がある。

大学の立地

市の中心からバスで約5分の場所

授業について

受講した授業科目

英語,体育,音楽,美術

受講を薦める科目

英語,体育,美術

履修方法

聴講したい講義を選び,担当の先生に申請する。

外国語補講

勉強についてのアドバイス

韓国語の授業がないので,参考書等で自らしなければならない。日本から参考書を持って行くといい。

授業は全部韓国語なので,最初は英語のネイティブの授業や,体育などの実技教科を受講するといい。

(教職希望の学生の場合)

 

留学前準備について

準備期間

留学の2ヶ月前から準備

準備内容

健康診断証明書,提出する書類,荷物等

留学先の情報収集方法

学校のホームページ,国際交流センターの資料,交換留学生や先輩に聞く

語学準備

12ヶ月前から (参考書で勉強)

ビザ取得の有無

無 (韓国籍のため)

ビザ申請時の注意事項

 

航空券

種類:片道 (約3~4万円)

日本から持参すると良いもの

プラグ変換機,勉強教材,辞書

留学前にあると良かった情報

奨学金や寮費についての詳細があるともっと良かった。

留学先について

都市の名前

晋州市

規模,雰囲気

刈谷市と同じくらい。南江という大きな川が流れていて,そこで行われる10月の晋州流灯祭りが有名。晋州城もあり歴史も感じられる。大型マートもあり店も多いので,生活に不便ではない。

気候

愛知と同じくらいだが,冬は寒い。

治安

日本と変わらない。

日常生活について

滞在先

滞在形態

部屋の種類

個室(共同:同居者は現地学生・留学生)

家賃

食事込みで月額1万3千円程度(光熱費:月額0円)

滞在先での問題

シャワーのお湯がたまにぬるい時があった。

医療(日本から持参した方が良い薬,健康管理の注意点,利用病院名,費用など)

韓国の市販の薬は大きくて飲みにくかった。一応,常備薬は持って行った方がいい。

食事(学食・外食の値段など)

寮の食事は,長期休暇以外3食食べられる。

学校の周りはスーパーもあり,飲食店も多く,特に海苔巻きなどは手軽な値段で食べることができる。

買い物(お店の名前など)

食料品や日用品は,eマートという近くの大型マートで買うことができる。

市内に行けばその他の雑貨や衣料品なども買える。100円ショップのダイソーもある。

長期休暇の過ごし方

旅行や韓国語能力試験の勉強

インターネット,携帯電話の使用環境

寮にはwifiと有線LANが付いている。

飲食店にもwifiがあるところが多く,日本から持って行ったスマートフォンをよく使っていた。

服装,習慣・マナーの違いなど

服装は日本と似ている。習慣・マナーの違いは,特に食事の場面でみられたが,それほど気にすることはなかった。

1日のスケジュール例

起床→朝食→授業→昼食→授業→休憩→夕食→テレビ・パソコン・勉強・買い物等→シャワー→就寝

留学中,特に苦労したこととその対処法

授業がすべて韓国語だったので,特に最初の頃は課題なども理解できず苦労した。授業が終わってから教授に個別に質問をしに行って,分かりやすく丁寧に教えてもらうことができた。

生活面においても,韓国語が分からず困ったことがあったが,教授やチューターが助けてくれるので良かった。

留学を検討している学生にアドバイス

ハングルの読みや日常会話程度は行く前に勉強しておくといい。

韓国語の授業があるわけではないので,自分で勉強できるよう教材など準備して行くべき。

時間が多く,韓国は交通費が安いので,色んな場所に旅行に行くのもいい。

奨学金や寮など留学のサポートが充実していて生活するには困らず,有意義な1年を過ごすことができたので,迷っているなら行った方がいいと思う。