文字サイズ

ホーム > 海外への留学 > 晋州教育大学校留学体験記-2014.2

晋州教育大学校留学体験記-2014.2

所 属 初等教育教員養成課程 音楽選修
留学先大学名(国名) 晋州教育大学校(韓国)
留学先での専攻 音楽
留学期間 2013年3月~2014年2月(愛教大4年次に留学)
奨学金受給 有(晋州教育大学校から)

留学先大学について

学生数

約2000人

留学生数

3人(留学生の主な国籍:日本のみ)

学部

教育学部

大学の特徴

初等教員養成の大学。大学の中に附属の小学校が併設している。

大学の立地

韓国の南側。釜山まで約2時間,ソウルまで約4時間。比較的静かな場所でこじんまりとしている。

授業について

受講をした授業科目

体育,国楽,初等音楽,ピアノ伴奏法,美術,英語など

受講を薦める科目

実技科目は参加しやすい

履修方法

授業前に先生に直接履修したいという意を伝えて参加

外国語補講 

 

勉強についてのアドバイス

日本で韓国語の勉強をしておいて損はない。授業は韓国の学生の授業を聴講しているような形のため,最初は何を言っているかさっぱり分からない状態もあった。ある程度の知識はあった方が身のためだと感じた。

(教職希望の学生の場合)

私は3年の実習の補講のため3月の中旬に渡韓した。韓国は3月から新学期なので,授業の初回から参加できなかった。調整できる場合は調整をすすめる。

留学前準備について

準備期間

留学の約3ヶ月前から準備

準備内容

韓国語の勉強,物品購入,健康診断など

留学先の情報収集方法

韓国から来ている留学生の友達や過去に行かれた先輩から

語学準備

6ヶ月前から(学習方法:市販の本,試験を受ける)

ビザ取得の有無

有 (取得に要した時間:2週間程度)

ビザ申請時の注意事項

特になし

航空券

種類:片道 (30000円程度)

日本から持参すると良いもの

変換プラグ,PC,学習用の本や旅行本 (たいていのものは現地で揃う)

留学前にあると良かった情報

韓国語の授業がないということ

留学先について

都市(街)の名前

慶尚南道 晋州市

規模,雰囲気

生活に不便はない。大きすぎず小さすぎず過ごしやすい。

気候

日本とほぼ同じ。夏は日本より爽やか。花粉はない。

治安

こわい経験をしたことはない。

日常生活について

滞在先

滞在形態

部屋の種類

共同 (同居者:留学生)

家賃

半学期 900000W程度(食費,光熱費など含む)

滞在先での問題

寮費について混乱した。値上がりしたらしい?また,長期休暇などの寮費について話が二転三転することがあった。

医療(日本から持参した方が良い薬,健康管理の注意点,利用病院名,費用など)

冬は乾燥が想像以上にひどかった。一度腸炎にかかったときに韓国の国民保険に入り,治療・薬で2000円程度だった。

食事(学食・外食の値段など)

授業がある期間は3食学食が出る。火曜日のお昼は少し豪華になる。外食は比較的安めで,海苔巻きは200円程度で食べられる。カフェのコーヒーは少し高め。

買い物(お店の名前など)

歩いて20分ほど行くと大きいマートがある。食料,日用品なんでもそろうので便利。大学の周りにも薬局,コンビニ,スーパーがあるので生活するのには不自由はない。

長期休暇の過ごし方

旅行

インターネット,携帯電話の使用環境

街中でもWI-FIが使える場所が多い。日本から持って行ったスマホと韓国で契約した携帯,2つ持っていた。

服装,習慣・マナーの違いなど

食事マナーやお酒のマナーの違いはあるが,気にしすぎなくていいと思う。

1日のスケジュール例

起床→朝食→授業→昼食→授業→夕食→勉強,外出など

留学中,特に苦労したこととその対処法

言語の壁 友達と話したり,連絡を取ったりなど自ら韓国語を使う場面を増やした方が良い

留学を検討している学生にアドバイス

辛いことや大変なことももちろんあったが,それ以上に楽しい思い出も多い。全部含めていい思い出。留学中はいかに自分から動くかが大切だと思う。受身の姿勢ではもったいない。日本に帰ってからもこれは原動力になってくるだろう。機会があるならば留学はおすすめする。