挨拶

研究科長挨拶

じっくり向き合って

2020年度に、これまでの大学院教育の成果を踏まえ、学部教育との一貫性・系統性を保ちながら、新しい学校づくりの核となり得る教員及び専門職業人の養成を目指して改革を行いました。

私自身、大学3年生の秋に教育実習に行き、もっと色々な授業を見てから、自分なりの授業観を持って教員になるべきだと考えるようになり、大学院へ進学しました。大学院在学中には、全国の授業を見に行きました。また、附属岡崎小学校で週3時間非常勤講師を1年間する機会にも恵まれました。理論を学びつつ、たくさんの授業を見ることで、こんな理科の授業をしてみたいという具体的なイメージを持つことができました。教員になり授業をしてみるとなかなかうまくはいきません。しかしながら、理想とする授業の具体的なイメージがありますので、どこがいけないのかを振り返り、近づくように努力できました。

本学の大学院のカリキュラムには、多くの実習の機会がありますので、学部から直進で進学する学生さんは、実習先で授業やカウンセリングを見たり、実践したりすることで、理想とする具体的なイメージを持ち修了してほしいと思います。現職で進学される皆さんは、それぞれ課題を持って進学してこられます。勤務しているとなかなか課題とじっくり向き合う時間が厳しいと思いますが、1年間、心のゆとりを持ち、じっくり向き合い教育観を見直すことが、その後の教員及び専門職業人としての生活を豊かなものにしていく機会になると思います。

また、2021年度から教育行政職等の高度化を目的とした「教育ガバナンスキャリアコース」を新設しました。新設に当たっては、豊橋市、豊田市、刈谷市のご理解をいただきました。全国でも珍しいコースですので、先進的な取り組みをしたいと考えています。

本学大学院で、皆さんと出会えることを楽しみにしています。

愛知教育大学 教育学研究科長 野田敦敬

修士課程長挨拶

修士課程の教育支援高度化専攻は教育現場と地域に即した高度な専門知識・教育方法・研究能力を身に付け、学校をプラットホームとした「チームとしての学校」体制の実現を目標とする次世代の日本型教育システムを研究開発し、それを諸外国も含めて実践・発展できる人材を育成することを目的としています。
教育支援高度化専攻には、「臨床心理学コース」「日本型教育グローバルコース」「教育ガバナンスキャリアコース」のそれぞれ特徴のある3コースがあります。

臨床心理学コースは、心理学の専門知識及び実践技能の獲得と、クライエントに真摯に向き合い、他者と協働できる現場志向の心理専門職の養成を目的としています。社会の多様化・複雑化に伴ういじめや不登校、児童虐待などの社会的課題に対して心理アセスメントや心理支援を行えるスクールカウンセラーをはじめとする心理専門職を養成します。

日本型教育グローバルコースは留学生専用コースで、留学生が日本の教育を学び、帰国した後、日本の教育を母国に広めてもらうことを目的としています。本コースの学生は、小学校・中学校・高等学校の各教科の教育法や教材研究について学ぶことができます。また、授業研究と呼ばれる日本型の教科開発の方法を学ぶこともできます。

教育ガバナンスキャリアコースは、自治体職員や学校事務職員等、社会で活躍するミドル人材を受け入れ、教育・学校での現代的課題の解決を図る実践的応用力を有する教育行政専門職の育成を目的としています。この目標に向けて自治体の教育政策や学校の基本方針を戦略的に企画・立案でき、教育・学校づくりに関わる業務を専門的見地から支援・調整できる資質能力を養います。

愛知教育大学 教育支援高度化専攻代表(修士課程長)
北村一浩

概要
挨拶
3つのポリシー
コース紹介