教育支援専門職養成課程

「チーム学校」を担うプロフェッショナル
~教員とともに子どもの教育を支える専門職の育成~

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 教育支援専門職養成課程

教員とともに子どもの教育を支える専門職の育成 -「チーム学校」を担うプロフェッショナルの育成

さまざまな問題を抱える現代社会において,国立大学は「社会変革のエンジン」という位置付けにあり,我が国の将来を担う優れた人の育成が期待されています。特に,子どもたちの生活や学校教育を取り巻く諸課題に対応し,次代を見据えた教育の実現という使命を持っているのが教員養成系学部です。そこで,愛知教育大学は,教育の総合大学として,2017年度から新しく「教育支援専門職養成課程」を始動します。より質の高い教育の実現に向けた3コースを設置。時代とともに愛知教育大学は進化していきます。

※現行の現代学芸課程は平成29年度から募集を停止します。

時代の変化とともに,子どもを取り巻く環境は多様化・複雑化しています。このような中で生じている課題に対応するには,教員はもとより,子どもの育ちや教育,生活環境に造詣の深い専門家と教員との連携が必要です。そこで,国は教員の担っている役割をサポートする専門スタッフを導入し,学校全体で教育力の向上を目指す「チーム学校」計画を進めています。

本学は,心理の専門家である「スクールカウンセラー」や福祉の専門家である「スクールソーシャルワーカー」,行政面から教育現場の管理・改善に努める事務職員などを育てることで,教員が授業や学級運営に専念できる体制をつくり,円滑な運営を行うことができる学校づくりを目指し,教員のパートナーとして,子どもが健やかに学び,成長できる教育環境づくりを担う「教育支援専門職」を育成します。

教育支援専門職養成課程の3つのコース