大学紹介

HOME > 大学紹介 > 大学概要 : 愛知教育大学 未来共創プラン > 将来のビジョン

将来のビジョン

1.将来ビジョン

愛知教育大学は,わが国の学校教員の質の向上を目指し,「高度化」を主軸として,「実践力の育成」,「現職教員の学び直し」を行っていきます。また,学校現場が抱える課題に対応する力を持ち,社会を担う子どもたちの未来を拓くことができる教員の養成と学校教育を支援する人材の養成を行います。

2.将来ビジョンの実現に向けた取り組み

教員になるために

教育現場で発揮できる力,教育課題に対応できる力を育てる

  1. アクティブ・ラーニングを導入した学習指導法の習得
  2. 特別支援教育,外国人児童生徒支援,危機管理科目の必修化
  3. ボランティア活動の単位認定,実践力育成科目の新設
  4. 6年(学部4年+大学院2年)一貫教員養成高度化コース(仮称)を設置

教育現場の充実をめざして

グローバル化と「チーム学校」に向けた対策を展開

  1. 英語学習を全学的に支援
  2. 海外における教育実習プログラムの実施
  3. 海外留学,多文化体験活動を行いやすい環境づくり
  4. 他機関と連携し,学校教育指導者の養成やアジアの教育者の育成支援
  5. 教育行政等の科目の開講(博士課程),授業づくり科目の開講(修士課程)
  6. スクールカウンセラーやスクールソーシャルワーカー等の養成

地域貢献のために

地域への教育課題の支援と心理教育相談室等の設置

  1. 外国人児童生徒等への日本語指導,学習指導の実施
    • 土曜親子日本語教室ボランティア
    • 外国人児童・生徒支援ボランティア
  2. 日本語の指導技術を身につけるためのプログラムの策定
  3. 地域における科学・ものづくり教育の実施
    • 子どもまつり
    • 科学・ものづくりフェスタ
  4. 心理教育相談室及び発達支援相談室の運営

教員が学ぶ場として

学び続ける教員のための学び直しの場を展開

  1. 現職の教員に向けた研修体制・研修プログラムの開発
  2. 現職教員等を対象とした公開講座の開講(年間15講座以上)
  3. 夜間コース(土・日開講も含む)の開講
  4. サテライトを開設
  5. eラーニングシステムの活用

高校生の為の受験生応援ページ