大学紹介

HOME > 大学紹介 > 研究活動 : 研究活動における不正行為への対応

研究活動における不正行為への対応

愛知教育大学では,「研究活動における不正行為への対応等におけるガイドライン」(平成26年8月26日文部科学大臣決定)を踏まえ,「愛知教育大学研究活動における不正行為への対応に関する規程」を制定しています。

責任体制

愛知教育大学では,研究活動並びに公的研究費の適正な運営・管理について不正防止対策を積極的に推進していくため,責任と権限を次のように定めています。

(1)最高責任者[学長]

本学全体を統括し,公的研究費の運営及び管理並びに研究活動上の不正防止に関し最終責任を負います。

(2)統括管理責任者[研究担当理事]

最高管理責任者を補佐し,公的研究費の運営及び管理について全体を統括する実質的な責任と権限を持ち,本学全体の具体的な対策を策定・実施し,その実施状況を最高管理責任者へ報告します。

(3)研究倫理教育責任者[研究担当理事]

研究倫理に関する実質的な責任と権限を持ち,定期的な研究倫理教育を実施します。

(4)コンプライアンス推進責任者[事務局長]

統括管理責任者の指示の下,次に掲げる業務を行います。

  • ア. 本学における公的研究費の不正使用防止対策を実施し,実施状況を確認するとともに,実施状況を統括管理責任者に報告する。
  • イ. 不正使用防止を図るために,本学の公的研究費の運営・管理に関わる全ての構成員に対し,コンプライアンス教育を実施し,受講状況を管理監督する。
  • ウ. 本学において,構成員が,適切に公的研究費の管理・執行を行っているか等をモニタリングし,必要に応じて改善を指導する。

(5)コンプライアンス推進副責任者[教育学部の各学系の部局長]

コンプライアンス推進責任者を補佐し,各部局における公的研究費の運営及び管理について統括する実質的な責任と権限を持ちます。

研究活動における不正防止計画

「愛知教育大学研究活動における不正行為への対応に関する規程」に基づき,研究活動不正防止対策推進委員会を設置し,不正防止計画を策定しています。

公的研究費の不正使用防止策について

愛知教育大学では,「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン(実施基準)(平成19年2月15日文部科学大臣決定,平成26年2月18日改正)を踏まえ,公的研究費(競争的資金等)を適正に管理するため,競争的資金等の経理及び検収確認の取扱いを明確にし,不正行為に関与した業者に対する処置として以下の基準を制定しています。

研究活動における不正行為に関する告発

  1. 研究活動における不正行為は,「ねつ造」,「改ざん」,「盗用」及び「研究費の不正使用」等が対象となります。
  2. 告発等を受け付ける際には,告発者の氏名,連絡先,不正を行ったとする研究者・グループ名,不正行為の態様等の告発内容,不正行為とする科学的合理的理由を明示していただきます。
  3. 調査の結果,悪意に基づく告発等であったことが判明した場合には,告発者の氏名の公表,懲戒処分,その他の措置を講ずることがあります。
  4. 当該告発事案の調査を行うにあたって,告発者に協力を求める場合があります。

告発等の受付窓口

不正行為に関する告発等の受付窓口を以下のとおり設置しています。

不正行為に係る告発等の受付窓口

受付窓口 学術研究支援課
住所 〒448-8542 刈谷市井ケ谷町広沢1
電話番号 0566-26-2109
Fax 0566-26-2510
E-mail

事務処理手続きに関する相談窓口

受付窓口 財務課
住所 〒448-8542 刈谷市井ケ谷町広沢1
電話番号 旅費・謝金に関すること 0566-26-2145
物品・役務に関すること 0566-26-2148
Fax 0566-26-2130
E-mail

モニタリング及び監査体制

会計担当部署から独立した監査室(平成18年7月1日設置)を置き,監査体制の強化を図っています。

高校生の為の受験生応援ページ