連携・交流

HOME > 連携・交流 > 地域連携支援 : 訪問科学実験

訪問科学実験

関係者各位

2018年3月2日

愛知教育大学訪問科学実験運営会議

科学・ものづくり教育推進センター

2018年度 訪問科学実験のご案内

愛知教育大学では,1997年度以降20年以上にわたり,継続的に「訪問科学実験」を実施しています。この活動は,学生が主体的に運営し,独創的で教育効果の望まれる新規教材の開発,小・中学校等での実践等を通して,将来教員となる学生の意欲・資質向上を目指すとともに,子どもたちが科学に親しむことを通して,理科を学ぶことの意義や有用性を実感し,学ぶ意欲や科学への関心を高めてほしいという願いがこめられたものです。2005年度から2008年度までは「特色ある大学教育支援プログラム・特色GP(科学教育出前授業等による学生自立支援事業)」の一環として,2009年度から2012年度までは「特別教育研究・教育改革(科学・ものづくり教育推進に関する拠点形成の取り組み)」の枠組みの中で,2013年度から2017年度までは「大学間連携による教員養成の高度化支援システムの構築(HATOプロジェクト)」(国立大学改革強化推進事業)の枠組みの中の先導的実践プログラム「理科離れ克服の科学・ものづくり教育の推進プロジェクト」として,従前の活動を発展的,継続的に実施してきました。2018年度以降も,「地域固有の教育課題への支援」(機能強化促進事業)として本活動を継続して実施させていただきます。

以下のリンク先ファイル(PDF形式)に詳細が記載されていますので興味のある方は是非ご覧下さい。学校・地域等で「訪問科学実験」の実施を希望される方は本活動の趣旨をご理解いただいた上で,応募用紙を用いてお申し込み下さい。

  1. 2017年度の実績 (PDF形式)
  2. 2018年度の募集について (PDF形式)
  3. 2018年度 応募用紙(MS Word 形式)

主催

国立大学法人 愛知教育大学 科学・ものづくり教育推進センター

愛知教育大学訪問科学実験運営会議メンバー

学生執行部

  • 伊藤 佑将 (学部4年 代表)
  • 岩瀬 美湖 (学部4年 副代表)
  • 栗木 秀人 (学部3年 副代表)
  • 小林 昇平 (学部3年 副代表)
  • 吉田 遼平 (学部4年)
  • 上石 紀杜 (学部4年)
  • 小林 弥生 (学部4年)
  • 石原 奈々子 (学部4年)
  • 宇野 京佳 (学部4年)
  • 高野 優之 (学部4年)
  • 田島 諒 (学部4年)
  • 柘植 亮伸 (学部4年)
  • 畑 佑樹 (学部4年)
  • 中野 鮎夏 (学部3年)
  • 樋口 万里子 (学部3年)
  • 山本 愛子 (学部3年)
  • 眞殿 萌花 (学部2年)
  • 鵜飼 悠寿希 (学部2年)
  • 犬飼 沙弥香 (学部2年)
  • 久保田 芽 (学部2年)
  • 原田 毬萌 (学部2年)
  • 小林 瑞希 (学部2年)

サポート教員

  • 岩山 勉, 児玉 康一 (理科教育講座 物理領域)
  • 稲毛 正彦, 日野 和之,長 昌史 (理科教育講座 化学領域)
  • 澤 正実, 加藤淳太郎, 島田 知彦 (理科教育講座 生物領域)
  • 三宅 明, 戸田 茂 (理科教育講座 地学領域)

連絡先

お問い合わせ先 〒448-8542 刈谷市井ケ谷町広沢1
愛知教育大学
科学・ものづくり教育推進センター
E-mail (問い合わせ,応募用紙送付先)
waku2
※ 上記アドレスに「@m.auecc.aichi-edu.ac.jp」を補完してください。
Tel 0566-26-2637 or 2346
Fax 0566-26-2637 or 2346