キャンパスライフ

HOME > キャンパスライフ > 学生支援関係 : 授業料免除

授業料免除

次のいずれかに該当する授業料の納入が困難な者は,本学で定めた家計基準及び学力基準により選考の上,授業料の全額,半額又は一部の免除を受けることができます。

入学をお考えの皆さまへ

学部・大学院

  1. 経済的に授業料の納入が困難な者であり,かつ,学業成績優秀である場合
  2. 入学前1年以内において学資を主として負担している者が死亡,又は本人若しくは学資を主として負担している者が風水害等の災害を受けた場合
  3. 「2」に準ずる場合であって学長が相当と認める場合

本学では次のとおりとしています。

  • (ア)生活保護法による被保護世帯の場合
  • (イ)本人の学資を主として負担している者が,6か月以上の療養者の場合
  • (ウ)本人の学資を主として負担している者が,身体障害者の場合
  • (エ)本人の学資を主として負担している者が,入学前1年以内に倒産又は失職した場合
  • (オ)その他,上記に準ずると判断された場合(事前に学生・国際課奨学支援係へ相談してください。)

申請の手続は,入学手続の際に授業料免除申請書を提出し,その他所得等に関する証明書等は入学後,指定期間に提出します。

授業料免除の決定は,6月下旬頃の予定です。

授業料免除の申請は,前後期一括申請の場合でも,選考は半期毎に審査しますので,前期で免除の対象となっていても,後期も必ずしも同じ結果になるとは限りません。また,前期の間に家計状況や家族構成等に変化があった場合は,申請し直す必要があります。
また,翌年4月に進級する際に授業料免除申請をする場合は,改めてすべての書類の提出が必要になります。

注1 入学料免除及び授業料免除の両方を申請する場合には,授業料免除申請書に添える「その他提出書類」は申請の調書を除き共通でも構いません。

大規模災害で被災した場合

愛知教育大学では,本人又は学資を主として負担している者が,大規模な災害により災害救助法適用地域において被災した場合に,入学料及び授業料免除の申請を受け付けます。
免除の詳細については,学生・国際課奨学支援係(0566-26-2184)へお問い合わせください。

在学生の皆さまへ

※ 重要連絡事項

前後期一括申請を行った者で,前期分申請時と家族構成・修学状況・家計状況等に変更がある場合は,後期分について改めて申請し直す必要があります。
また,翌年4月に進級する際に授業料免除申請をする場合は,改めてすべての書類の提出が必要になります。

授業料免除(経済困窮者向け)

次のいずれかに該当する授業料の納入が困難な者は,本学で定めた家計基準及び学力基準により選考の上,授業料の全額,半額又は一部の免除を受けることができます。それぞれの基準を満たしていても,予算の都合上必ずしも免除になるとは限りません。

学部・大学院・専攻科対象

  1. 経済的に授業料の納入が困難な者であり,かつ,学業成績優秀である場合
  2. 申請前6か月以内において学資を主として負担している者が死亡,又は本人若しくは学資を主として負担している者が風水害等の災害を受けた場合
  3. 「2」に準ずる場合であって学長が相当と認める場合

本学では次のとおりとしています。

  • (ア)生活保護法による被保護世帯の場合
  • (イ)本人の学資を主として負担している者が,6か月以上の療養者の場合
  • (ウ)本人の学資を主として負担している者が,身体障害者の場合
  • (エ)本人の学資を主として負担している者が,申請前6か月以内に倒産又は失職した場合
  • (オ)その他,上記に準ずると判断された場合(事前に学生・国際課奨学支援係へ相談してください。)
申請受付期間 後期分授業料免除 9月20日~29日(在学生)
申請結果通知 後期分授業料免除 12月上旬頃

入寮希望の学生へ

入寮を希望する学生で授業料免除申請をする者は,同時に寄宿料の免除申請ができます。所得に関する証明書等については,免除申請で提出していただきますので,入寮申請はコピーで構いません。
授業料が全額免除になった場合,寄宿料は半額免除となります。
免除申請者は,その決定まで寄宿料の納付を猶予されます。

お問い合わせ先

お問い合わせ先 学生・国際課 奨学支援係
Tel 0566-26-2184