学部・大学院

HOME > 学部・大学院 > 学部 : 実践力育成科目 > 学校サポート活動入門 > 「学校サポート活動入門・Ⅰ・Ⅱ」の受け入れにあたって

「学校サポート活動入門・Ⅰ・Ⅱ」の受け入れにあたって

愛知教育大学では,1年生全員を対象とした「学校サポート活動入門」,2年生全員を対象とした「学校サポート活動Ⅰ」,3年生の希望者を対象とした「学校サポート活動Ⅱ」を別紙「実施要領」に沿って行います。また,学生には別紙「留意事項」をもとに事前指導を行いましたが,活動先におかれましては実施に際して以下の点についてもよろしくお願いいたします。

1 実施期間等及び活動内容について

別紙「実施要領」に準じてお願いいたします。

2 受け入れ準備について

  • 荷物を置いたり,着替えをしたりする場所の提供をお願いします。
  • ロッカー,靴箱等についても,余分があればお貸しください。
  • 学生の給食は,可能であればお願いします。(学生の実費負担)
  • 職員,児童生徒への紹介をお願いします。

3 その他

  • 活動記録票を提出しましたら検印(所属担当者印)をお願いします。
  • 学生のけが等に対しては,学生の加入している保険で処理いたします。
    (学生教育研究災害傷害保険及び学生教育研究賠償責任保険)
  • 教員免許状取得のための介護等体験等がやむを得ず重なる場合がございますので,ご配慮いただきますようお願いします。

Q&A

Q1 サポート活動の実施期間や活動時間,回数はどうなるのか。
A1 実施要領に沿って行いますが,サポート活動先の要請と学生の希望が合えば,期間,回数及び1回あたりの時間数を増やすことは可能です。また,曜日の変更も可能です。
Q2 1回あたりの時間が2時間となる日があってもよいか。
A2 2時間の日があってもかまいません。活動時間数のトータルで,実施要領に定めた時間数を超えるように活動させてください。
Q3 教科指導は,学生にどの程度まで活動させてよいか。
A3 「教育実習」で考えると「参加」程度であると考えています。教員の指導の下であるならば,T2として授業に参加したり,授業の一場面,例えば体育や音楽の授業の中で模範演技を行ったりすることも可能です。また,成績に直結しない範囲での○付けも可能と考えています。
※「参加」とは...... 指導教員が行う活動に補助的に参加する活動を指している。指導教員の授業の補助,学校・学級の諸活動における補助的指導等である。参加は子供たちへの働きかけを実際に行う。(教育実地研究の手引 総論編より)
Q4 学生に部活動の指導はさせてもよいか。
A4 教員の指導の下であるならば,学生が部活動の一場面を指導したり,参加したりすることも可能です。
Q5 学生が活動中にけがをした場合は,どこに連絡したらよいか。
A5 学生全員,学生教育研究災害傷害保険(学生本人が傷害を被った場合)及び学生教育研究賠償責任保険(他人にケガをさせた,他人の財物を損傷した場合)の2種類の保険に加入しております。万が一事故等あった場合は,大学まで本人より連絡するよう指示してください。
連絡先 教務課 電話番号0566-26-2168
Q6 学生に問題がある場合,受け入れを断ることはできるのか。
A6 学生の活動の様子に問題がある場合は,まず大学にご連絡ください。大学の方で指導をしたいと考えています。あわせて,サポート活動先でも指導をしていただけると学生の成長につながるものと考えています。大きな問題がある場合は,活動を中止することもありえます。
Q7 活動記録票に公印を押す必要があるのか。
A7 活動自体を,大学の授業(実習)と位置付けております。単位を認定するにあたり,活動記録票を資料として活用したいと考えています。活動日ごとの担当者印は認印やサインで構いませんが,活動終了後に押していただく所属長の印は,公印または署名捺印(私印)でお願いします。
Q8 市町村教育委員会が実施する同種の事業に参加している学生も,大学の活動記録票への押印が必要か。
A8 市町村教育委員会が実施する同種の事業で使用する活動記録票があれば,そのコピーをお願いします。その際,大学で用意した活動記録票は必要ありません。
Q9 学生と直接,連絡を取り合うことはよいか。
A9 サポート活動先の管理職から直接,連絡を入れてください。

【問い合わせ】

住所 〒448-8542 愛知県刈谷市井ヶ谷町広沢1
愛知教育大学 教務課(体験活動係)
TEL 0566-26-2168