初等教育教員養成課程
日本語教育選修

日本語教育選修では,日本語を母語としない人たちを対象とする日本語教育を実践できる力を持った教員の養成を目指しています。論理的に教えるだけでなく,コミュニケーションを通して,日本語の言語としての魅力ならびに日本文化の教授を実現する能力を養います。

コミュニケーションが広がる日本語の魅力を伝えられる人に。北野 浩章教授

北野 浩章教授

日本語教育選修は,「日本語が母語でない人たちを対象とした教育」について学ぶところです。日本語教育といっても,実は広大な裾野を持っています。日本語教育学だけでなく,言語学,日本語学,コミュニケーション学をはじめとする多くの学問分野が含まれるのです。これらの学問が築いてきたことを基礎として,さらには分野の垣根を越えて,日本語だけでなく,ことば・コミュニケーション・日本・異文化など,現在の私たちを取り巻くさまざまな事柄,問題について考えていきます。授業だけでなく,ボランティア活動や,国内外での実習・研修を通じて,大学周辺の地域に根差した問題から,グローバル社会を取り巻く今日的な問題までを考える機会を提供したいと思っています。 大学の教員は,教育の機会を与えるだけの存在ではなく,学生とともに謙虚に学び,考え,成長する存在でもありたいです。ともに学ぶ若い皆さんを待っています。

担当科目 言語科学研究,日本語教育研究,異文化コミュニケーション論,異文化理解教育論 など
専門・研究分野 言語学

主な学習領域(授業科目)

日本語学 音声・音韻,文法,語彙・意味,表記など日本語の構造を体系的に学んだ上で,例えば「は」と「が」の用法や指示詞(コ・ソ・ア)の体系など個別のテーマに沿った問題を詳しく分析します。主なカリキュラムとして「日本語学概説」「日本語学演習」「日本語学研究」「日本語史」などの授業があります。
言語学 世界の言語にはどのようなタイプがあり,どのような共通点がみられるのか,また言語は社会の構造や文化とどのようにかかわっているのか。こうした問題を考察することによって,日本語の特質や,その背景にある文化の把握を目指します。主なカリキュラムとして「対照言語学」「社会言語学概論」「心理言語学概論」「英文法」「歴史言語学」「言語学史」「音声学」「言語コミュニケーション論」などの授業があります。
日本文化・
異文化理解論
日本をはじめ,東アジアや欧米の文化,および異文化理解について学びます。主なカリキュラムとして「国文学概説」「中国文学史」「英文学概説」「米文学概説」「ことばとジェンダー」「ことばと人間」などの授業があります。
日本語教育学 人間はどのようなプロセスを経て外国語を身に付けるのか,外国語学習に有効な教材とは何か,学修の成果を正しく評価するにはどうすればよいのか。こうした日本語教育に直接かかわる理論を学びながら,それを実習を通して確かなものにしていきます。主なカリキュラムとして「日本語教育学概説」「異文化理解教育論」「第二言語習得論」「日本語教育教材研究」「日本語教育評価法」「日本語教授法」「日本語教育実習」「外国人児童生徒教育概説」などの授業があります。

※その他,授業以外にも,タイ,中国,アメリカなどでの海外教育実習や国内でのボランティア日本語教育など,多様な活動が用意されています。

取得できる免許

主免(卒業と同時に取得できる免許)

小学校教諭1種免許状

副免(所定科目の単位修得により取得できる免許)

中学校教諭2種免許状(※),幼稚園教諭2種免許状
※入学時に中学校教員免許の希望教科を調査し,決定されます。

将来のフィールド

海外の大学も含め日本語教師,小・中学校の教員などを目指します。また,大学院に進学して,さらに研究を深める卒業生も予想されます。

新設された選修