教育支援専門職養成課程
福祉コース

子どもたちの生活を支えるスクールソーシャルワーカー等の専門職を育成します。

コースコンセプト

現代の子どもたちが直面している貧困,虐待,人間関係トラブルといった人間と社会のさまざまな問題について,社会福祉学を基盤として,心理的支援も含めた広い視野で学んでいきます。 本コースでは,教育・福祉・医療・司法等のさまざまな領域での相談援助・対人援助を担う高度な知識・技術を持つ専門職の育成を目指します。

主な学修領域

  • 社会福祉学の原理・思想
  • 社会福祉の諸制度
  • ソーシャルワークの価値と方法
  • 子どもの発達や支援の方法
  • 対人援助での心理的支援

取得できる資格・受験資格

  • 社会福祉主事任用資格
  • 社会福祉士(国家資格)受験資格
  • スクール(学校)ソーシャルワーク教育課程認定事業修了(一般社団法人日本社会福祉士養成校協会)

将来のフィールド

卒業後は,学校教育現場や児童相談所・福祉事務所・家庭裁判所・警察といった公的機関,さらには病院・福祉施設・社会福祉協議会など幅広い分野での対人援助の専門性を生かしたソーシャルワーカーなどの職に就くことができます。その他にも企業やNPOといった各種民間団体など多岐にわたっています。また臨床心理士の資格取得を目指して大学院に進学することもできます。

教育支援専門職養成課程の3つのコース