ミドルリーダーを目指す現職教員の方

ミドルリーダーを目指す現職教員の方

教職実践応用領域では、これまでの教職経験の中で培ってきた実践的資質・力量をもとに、さらに個の専門性を高めるとともに、学校を変える推進者、さらにはミドル・リーダーとなるための資質・力量を育成することを目的とします。出願時に下記の3つの履修モデルから、希望する履修モデルを選択します。

各履修モデルの目的

授業づくり履修モデル

現代の教育諸課題に対応できる優れた実践的指導力を、具体的な授業と教材、評価と改善、カリキュラム検証と開発提案などの事例研究、模擬授業、討論、ワークショップなどによって段階的、実践的に育成、評価することを目的とします。

開設する専門科目名

  • 実践的授業研究Ⅱ
  • 指導技術力の開発(学びを支える授業力)
  • 教材の深化と発展
  • 授業づくりの内容と方法Ⅱ

学級づくり履修モデル

学級経営分野、生徒指導分野、キャリア教育分野において、学校におけるリーダーシップを発揮し、様々な企画・運営を行えるレベルに到達することを目的とします。

開設する専門科目名

  • 問題行動対応演習
  • 進路指導・キャリア教育の実践
  • 特別活動開発演習
  • 学級経営実践演習
  • 教育的コミュニケーション演習

学校づくり履修モデル

学校で各種の主任等の立場に立ち、メンターとしての役割を果たすべき教師を対象に、教師集団と管理層を人的・組織的に繋ぎ、学校組織を動かしていく真のミドル・リーダーに養成することを目的とします。

開設する専門科目名

  • 学校におけるリーダーシップ
  • 学校の法的責任
  • 学校における組織的研究開発
  • カリキュラムマネジメント論
  • 修学支援体制づくり演習
  • 特色ある学校づくり実践演習

トップへ戻る