新たに教員を目指す学部直進・社会人の方

履修の特徴

授業は原則火・水・金曜日に開講します。

  月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
昼間 学校
サポーター
大学における授業日 ゼミ指導(授業) 学校
サポーター

大学における授業日

夜間 個別指導 個別指導

1年次は火・水・金曜日の週2日及び夏期長期休業期間中に、大学で実習科目以外の単位を修得します。実習校決定後、週1日~2日程度学校にサポーターとして入り、児童生徒の実態や、教育環境についての予備知識を得、実習に備えます。2年次は連携協力校で実習を行います。

学修の流れ

img_bas_rishu01.gif

開設する共通科目名

  • カリキュラムの開発と評価
  • 特色ある学校実践の研究
  • 実践的授業研究Ⅰ
  • 授業づくりの内容と方法Ⅰ
  • 問題行動の理解と生徒指導・相談活動の進め方
  • 心の教育と道徳教育の推進
  • 通常学級の特別支援教育
  • 学級経営ワークショップ
  • 協働する学校づくり
  • 自律する学校づくり

長期履修について

育児・介護や仕事などの事情においては、大学で学修することに制限がある場合も想定されるため、 1・2年次の週の1日(基本的に火・金曜日)及び夏期長期休業期間中に実習科目以外の単位を修得し、3年間で修了できるように制度設計・時間割設定を行っています。
ただし、最終学年の実習については実習校において授業が開講されている期間中の平日に実施しますのでご留意願います。

長期履修生 学修の流れ

img_bas_rishu02.gif

小学校教員免許取得コースについて

教職大学院在学中に、併せて小学校教員免許状の取得も可能とするコースを設置しています。ただし、中学校もしくは高等学校の教員免許状を取得されている方に限ります。
1年次は小学校教員免許取得に必要な科目の学習に専念し、2年次からは教職大学院1年次の科目の学修を開始します。
2年次の前期は小学校教員免許取得必要科目の学修と両方を行い、小学校教員免許取得必要科目の履修を終えます。後期は、小学校教員免許取得に必要な「教育実習」を行います。3年次は教職大学院の学校実習を行います。

小学校教員免許取得コース生 学修の流れ

img_bas_rishu03.gif


トップへ戻る