ミドルリーダーを目指す現職教員の方

教職実践応用領域修了生のことば

掲載日:2013年04月10日


平成21年度
学級づくり履修モデル修了生
德丸 雅子

-心と心がつながる学級づくりを目指して-

 私は,「人間関係形成能力の育成」をテーマとして実践研究に取り組んできました。「学級づくり」履修モデルでは,学級集団におけるコミュニケーションやよりよい集団づくりのあり方について,実践と理論を結びつけて学ぶことができ、研究を発展させることができました。そして、教職大学院生活を通して,個人研究の域で終わっていた内容を,学校全体を視野に入れた実践として考えることができるようになりました。
 その結果,私の研究を学校教育努力目標達成の手立てとして取り上げてただき,学校全体に研究成果を還元できたことを嬉しく思います。
 現在は,新しい学校に転任し、学年主任としての立場からも、教職大学院での学びを役立て、子どもたちの心と心がつながる学級づくりを目指して取り組んでいます。


トップへ戻る