新たに教員を目指す学部直進・社会人の方

実習について・修了要件

教職大学院では実践的な指導力の強化を図る観点から、10単位以上の学校における実習を行います。
本学教職大学院の実習は目的別に分かれています。

特別課題実習

学校において今日的な課題となっている事柄について、専門的知識の基礎を修得し、先進的な取り組みなどを行っている学校を定期的に訪問見学、授業参加することによって、課題への取り組みの方法、方策を理解し、自らの実践力を高めるとともに、学校全体としての今後の取り組みとして、授業実践、学級経営さらには学校運営という観点からの検討を行います。当面の課題は、「外国人児童・生徒指導に関する学習」としています。

教師力向上実習

現職教員の一日に密着し、あらゆる場面における教師のしごとを理解します。さらに、一定期間責任をもって教育にあたることによって、授業以外の場面における教師としての力量についても向上させ、学校を支える一員としての心構えを育成し、責任感を高めます。

(Ⅰ)特に専門的理論、技術を実際の学級経営、生徒指導のなかで自らが実践し、さまざまな経験を得ることで教師としての指導力を高めます。

(Ⅱ)特に専門的理論、技術を実践のなかで有効に用い、教科指導におけるしっかりとした授業設計、展開、分析、評価の力量を高め、さらに教材開発力、単元開発力の基礎を育成します。

(Ⅲ)応用領域学生とペアになり、 Ⅰ、Ⅱの実習での成果の上に立って、自らの今後の教師として取り組むべき課題をみつけます。

修了要件について

教職大学院では研究者養成を目的とせず、修了要件として修士論文を課しません。
本学教職大学院では、大学における授業と各実習の事前・事後指導、実習の成果をもとに「実習ポートフォリオ報告」を作成し、単位数、必修科目の取得を確認のうえ、修了報告を審査します。なお、教職大学院の課程を修了した者には、教職修士(専門職)の学位が授与されます。

実習ポートフォリオ報告(学修の記録)

修業年限

標準 2年
長期履修 3年または4年
小学校教員免許取得コース 3年

トップへ戻る