あいさつ

あいさつ

goto.jpg 教職大学院は,学校が抱えている諸課題に対応できる高度専門職業人の養成を目的とした専門職大学院であり,専門職学位として「教職修士(専門職)」が授与されます。本学は教職大学院制度開始の2008年4月に教育実践研究科を設置し,2つの領域を設けました。「教職実践基礎領域」は,学部直進者がより実践的な指導力を備えて,学校づくりの有力な一員となり得る新人教員養成を目的としています。「教職実践応用領域」は,現職教員がより確かな指導理論と優れた実践力・応用力を備えて,地域や学校における指導的役割を果たし得るスクールリーダー養成を目的としています。新たに教員を目指す院生は,連携協力校における学校サポーターの経験などを通して実践力を深め,現職教員の院生は,現任校等での課題解決の取組みからリーダーとしての資質能力を高めることができます。「授業づくり」「学級づくり」「学校づくり」を柱とした日々の教育・指導では,実践の省察や協働的学習の場面が工夫されており,学び合う中でスキルアップが図られます。
  スタッフ一同,皆様のご入学を心よりお待ちいたしております。

(愛知教育大学長 後藤 ひとみ

トップへ戻る