Aichi University of Education

HOME > News & Topics > 2017年一覧 > 2017年08月掲載分 > 2017年7月28日 知多地区5市5町教育委員会との共同開催事業(教務主任研修会)が行われました。

2017年7月28日 知多地区5市5町教育委員会との共同開催事業(教務主任研修会)が行われました。

2017年08月10日

研修会の様子研修会の様子

講演をする鈴木教授講演をする鈴木教授

熱心に会場を動き回る鈴木教授熱心に会場を動き回る鈴木教授

7月28日(金),美浜町総合公園体育館において,知多地区5市5町教育委員会との共同開催事業で,現職教員を対象とした連携公開講座(教務主任研修)が行われました。

この連携公開講座は,2016年10月14日に締結した,本学と知多地区5市5町教育委員会の相互連携に関する協定に基づき,知多管内の小中学校教務主任を対象として開催されたものです。

この研修には,小学校81人,中学校38人の合計119人の教務主任の参加があり,研修に先立ち,管内教育委員会を代表して,美浜町教育長から「教職員の多忙化の中で,教育活動の司令塔となるよう時間を意識しながら仕事をしていただきたい」とあいさつがあり,次いで,教職実践講座鈴木健二教授により,「特別の教科 道徳」実施に向けて学校が取り組むべきことをテーマに講演がありました。講演では,道徳教育の授業の中で注意すべき事項として,自らの小中学校での教員経験をもとに,教師の考えを押しつけるのではなく,児童・生徒自らに考えさせる道徳,議論する道徳をどう授業の中で展開していくのかなど,道徳の授業例を中心に,授業づくりや学級経営方法について話しました。

参加者からは,学校現場で実際に困っていることや,日ごろ疑問に思っていることなど,多くの質疑が寄せられました。

(研究連携課 社会連携係 渡邊伸彦)