Aichi University of Education

HOME > News & Topics > 2018年一覧 > 2018年05月掲載分 > 2018年4月21日 大学版たのしいものづくり教室「オリジナルキーホルダーをつくろう!」を開催

2018年4月21日 大学版たのしいものづくり教室「オリジナルキーホルダーをつくろう!」を開催

2018年05月02日

4月21日(土)に,技術教育講座 本多満正教授を講師として,大学版たのしいものづくり教室を開催しました。たのしいものづくり教室は,子どもたちにものづくりに触れ,慣れ親しんでもらうことを目的として毎年実施しています。今年度1回目のテーマは「オリジナルキーホルダーをつくろう!」で,9人の子どもたちが参加しました。

オリジナルキーホルダーは,2枚の木材の間に好きな形に切り抜いたゴム板を挟んで型を作り,そこに溶けた金属を流し込んで作成します。本多ゼミの学生が下絵の描き方と注意事項を説明すると,子どもたちはそれぞれ思い思いの絵を熱心に描きました。その後はそれぞれの進み具合に合わせて,学生たちがサポートしながら,ゴム板の切り抜き,木材への挟み込みなど,型の作成作業を進めました。型の作成は子どもたちにとっては長時間の作業と思われましたが,一生懸命取り組んでいました。

作業する子どもたちとサポートする学生たち作業する子どもたちとサポートする学生たち

作業する子どもたちとサポートする学生たち

型が出来たら,いよいよ金属の流し込みです。この作業は学生が実施し,子どもたちは自分たちの型に,電熱器で220度近くまで加熱されて溶けた金属が流し込まれる様子を,身を乗り出して見つめました。また,溶けている金属に興味をもって「どうして(溶けた金属が)青い色になっているの?」「紙をいれたらどうなるの?」など質問し,学生はそれらの質問に丁寧に答えていました。

作業の様子作業の様子

金属の流し込みを見つめる子どもたち金属の流し込みを見つめる子どもたち

キーホルダー完成! キーホルダー完成!

流し込まれた金属は20分程で冷めて固まります。不要な部分を切り落として,ヤスリで磨き,キーチェーンをつけて完成となります。子どもたちは自分の作ったキーホルダーを付き添いの保護者に見せたり,高く掲げて眺めたりと,本当にうれしそうでした。

(広報・地域連携課 広報・渉外係長 古田紀子)