Aichi University of Education

HOME > News & Topics > 2015年一覧 > 2015年07月掲載分 > 2015年6月3日 愛教大貸し傘企画『傘』プロジェクトの運用開始

2015年6月3日 愛教大貸し傘企画『傘』プロジェクトの運用開始

2015年07月01日

6月3日(水),本学若手事務職員が中心となって実施するSD研修会「仕事を楽しむ会」および本学の学生委員会,生協学生委員会,大学生協が共同で企画・準備を進めてきた愛教大貸し傘企画『傘』プロジェクトの運用をスタートしました。

事務職員・学生・生協職員が
協力して貸し傘の準備をする様子

『傘』プロジェクトとは,大学での忘れ物・落とし物で,持ち主が現れなかった廃棄予定の傘を再利用して,大学内で自由に使える貸し傘として学生・教職員などに使ってもらう取り組みです。当日は若手事務職員と学生,生協職員が協力して学内で集めた傘に学生がデザインしたオリジナルの防水ステッカーを貼り,傘立てと共に設置しました。

本部棟に設置された専用傘立て

第一共通棟,第一・第二福利施設(生協HANDS・UP),本部棟,教育未来館,附属図書館,バス停に,『傘』プロジェクト専用の傘立てが設置してあります。使用した傘は取り出した傘立て以外でも,専用傘立てならどこに返却してもかまわないことになっています。

事務職員・学生・生協職員とそれぞれ違う立場でありながら,少しでも大学が改善されるようにと協力し,『傘』プロジェクトを実施してきました。これからも,よりよい大学になるような企画を,大学に関わるいろいろな方と計画していきたいと考えています。

(総務課 大学評価担当 沓名正樹)