Aichi University of Education

HOME > News & Topics > 2018年一覧 > 2018年10月掲載分 > 2018年10月2日 海部地区4市2町1村教育委員会と相互連携に関する協定を締結

2018年10月2日 海部地区4市2町1村教育委員会と相互連携に関する協定を締結

2018年10月09日

協定書への署名の様子 協定書への署名の様子

10月2日(火),本部棟第三会議室において,本学と海部地区4市2町1村教育委員会の相互連携に関する協定を締結しました。

協定の締結式には,本学からは,後藤ひとみ学長,4人の理事および地域連携関係教員が出席し,海部地区の津島市,愛西市,弥富市,あま市,大治町,蟹江町,飛島村の4市2町1村教育委員会からは,それぞれの市町村教育長などが出席しました。

協定の経緯を説明する西淵茂男連携担当理事協定の経緯を説明する
西淵茂男連携担当理事

本学の第三期中期目標・中期計画では,社会的使命として市町村や教育委員会と新たな相互連携協定を結び,教育に特化した連携を拡充する計画をしており,今回の協定は,県内西部の教育委員会との広域的な連携拡充を行うためのものであり,子どもの健やかな成長や学生の実践力育成,現代的教育課題への対応,教職員の資質・能力の向上などについて相互連携を図ることを目的としています。

今後は,海部地区4市2町1村を一つのブロックとして,高度化や現職教員の再教育を目的に海部地区全体を対象として行う現職教員研修などの共同開催事業や,各市町村教育委員会が抱えている教育問題に対応するための個別支援事業などを展開していくこととしており,また,これらの事業を協議するための連携推進協議会の設置を予定しています。

締結式では,西淵茂男連携担当理事から,協定締結の経緯や趣旨,協定等の概要説明があった後,学長および教育長による協定書への署名が行われました。

あいさつをする後藤学長 あいさつをする後藤学長

署名後,後藤学長から「本学は教員養成だけではなく,教師を支えていく教育支援専門職も育てており,各地にいる卒業生の教員はもとより,教育を支える専門職を本学が計画的に養成することが可能になっている。協定締結を機会に連携を深めていきたい」とのあいさつがありました。各市町村教育委員会教育長からは,「現場では,いじめ,不登校を始めとする教育に関する課題が山積している。大学の先生方に指導していただいて,私たちの地域の力量の向上にお力添えいただきたい」「市町村と規模が大きいので,地区単位だけでなく,各市町村それぞれにも支援いただきたい」などと話があり,締結式を終えました。

関係者による記念撮影関係者による記念撮影

(広報・地域連携課 地域連携室長 浅岡明美)